【国際】ユニリーバ、性別のステレオタイプを排除する広告キャンペーンを開始

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手ユニリーバは6月23日、自社の広告を用いて男性性と女性性に関するあらゆるステレオタイプを無くすキャンペーン、「#UNSTEREOTYPE」の開始を発表した。同社は、性同一性が日々変化する社会の中で、ポジティブな文化的変化や人々の関係性を良くしていくため、広告表現を改める。ステレオタイプ的な性描写を廃止して、自社の顧客に共感して頂けるような斬新なキャンペーンを行っていく。 役割、人格、容姿  今回のキャンペーンでは、特に [...]

» 続きを読む

【人権】「目的」か「結果」か 〜攻めのダイバーシティに向けて〜

Facebook Twitter Google+

 ダイバーシティというテーマで、これまで3つの記事でお伝えしてきました。ダイバーシティを考えるにあたって、そもそもなぜ世界的にダイバーシティが求められているのかを歴史的背景と共に迫ったのが初回の「【人権】ダイバーシティは本当に必要なのか?(上)〜欧米におけるダイバーシティの意味〜」でした。国内において民族的・宗教的・性的多様性が高い欧米諸国が、能力の高い人材を獲得しようと考えた場合、ダイバーシティは避けては通れない問題だということが背 [...]

» 続きを読む
2015/03/10 体系的に学ぶ

【国際】マッキンゼー・アンド・カンパニー、ダイバーシティの重要性について言及

Facebook Twitter Google+

米国コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーは1月、ダイバーシティに関するレポート“Diversity Matters”を発表した。同レポートはアメリカ、イギリス、カナダ、中南米で展開される企業から業界横断的に選ばれた366社を対象とした調査を基に作成されている。レポートによれば、今回の調査に関して同社が財務業績や経営陣構成に注目したところ、以下の8点が明白になったという。 人種・民族的多様性において上位25%以内に入る企 [...]

» 続きを読む

【人権】ダイバーシティ・マネジメントの恩恵と制約

Facebook Twitter Google+

ダイバーシティ・マネジメントの意義 以前「ダイバーシティは本当に必要なのか?(上)〜欧米におけるダイバーシティの意味〜」において、日本と欧米における「ダイバーシティ」という概念の成立背景の違いについてお話ししました。欧米は国内の民族的・宗教的多様性が高いため、国内労働市場から採用する際にどうしても多様性と向き合わなければなりません。そしてこの姿勢は企業が海外展開し、グローバルな労働市場で採用活動をする際にも活かされます。一方、日本では [...]

» 続きを読む
2014/12/23 体系的に学ぶ

【人権】ダイバーシティは本当に必要なのか?(下)〜日本のダイバーシティ新展開〜

Facebook Twitter Google+

日本のダイバーシティの特徴 前回の「ダイバーシティは本当に必要なのか?(上)〜欧米におけるダイバーシティの意味〜」では、欧米と日本との間で大きく異なるダイバーシティ概念の背景として、そもそも日本と欧米では社会の多様性が違っているということを説明しました。欧米には様々な人種、民族が住んでおり、そのもとで能力・パフォーマンスを重視して採用をすると自然と社内が多様化します。そして、自然と集まる多様な人々に働きやすい環境を作るという目的で、ダ [...]

» 続きを読む
2014/09/19 体系的に学ぶ

【人権】ダイバーシティは本当に必要なのか?(上)〜欧米におけるダイバーシティの意味〜

Facebook Twitter Google+

ダイバーシティ・ランキング世界1位のノバルティス 世界の企業ダイバーシティ・ランキング「The DiversityInc Top 50 List」を毎年調査・発表している米国DiversityInc社。2014年には、スイス・バーゼルに本社を置く製薬会社Novartis Pharmaceuticals Corporation社がランキング1位を獲得しました。同社は毎年上位にランクインする常連企業です。彼らはダイバーシティについてこう語 [...]

» 続きを読む
2014/09/14 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る