【国際】PRI、日本のESG投資や受託者責任の現状と提言をまとめた報告書を発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、Generation Foundationは4月26日、日本でのESG課題や受託者責任(フィデューシャリー・デューティー)の現状と提言をまとめた報告書「Japan roadmap」を発表した。  今回発表のロードマップでの提言の大きな柱は、日本の機関投資家は投資及び意思決定プロセスにおいて重要なESG課題を考慮するという受託者責任を負っていることを理解すべき [...]

» 続きを読む
2017/05/12 未分類

【ドイツ】ベルテルスマン財団、各国のSDGs達成状況を報告。日本は7項目で大幅未達

Facebook Twitter Google+

 ドイツ最大の財団であるベルテルスマン財団は7月21日、国連持続可能な開発目標(SDGs)で定める2030年までの達成目標に向け、各国の状況をまとめた報告書「SDG INDEX & DASHBOARDS」を発表した。報告書には、149ヶ国のSDGs達成状況ランキングと詳細な分析が記載されており、全部で400ページ以上。報告書は、国連事務総長特別顧問を務めるジェフリー・サックス・コロンビア大学教授や、SDGsの推進機関として設立されたS [...]

» 続きを読む
2016/07/30 未分類

【アメリカ】フォード、自動車メーカーとして初となるEICCへの加盟を発表

Facebook Twitter Google+

 米自動車大手のフォードは2月24日、サプライチェーンにおけるCSR強化の一環として、EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition:電子業界行動規範)に加盟すると発表した。EICCへの加盟は自動車メーカーとしては初となり、サプライヤーの人権や労働環境といった面でフォードのCSR方針の実現を後押しする。  EICCは電子業界のサプライチェーンにおける社会的責任、労働環境の改善、環境責任の向 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る