【国際】国連グローバル・コンパクト、若者ビジネスパーソン向けSDGsプログラムを始動

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は2月1日、若者ビジネスパーソン向けに、国連持続可能な開発目標(SDGs)推進のためのプログラムを2つ発表した。ビジネスでSDGs達成を後押しするため、若者育成を行う。  1つ目のプログラムは、毎年開催している表彰制度「SDG Pioneers」。同賞は、SDGs(持続可能な開発目標)達成に資するビジネスイノベーションや創造性を発揮した個人を表彰するもので、2016年にスタート。UNGC署名機関からのみ応募でき、2016年の第1回目には100カ国以上から600名以上の応募があった。今年は、表彰対象を35歳以下のビジネスリーダーに重点を置く。  2つ目のプログラムは、新たに始まるアクション・ラーニング・ワークショップ「Young SDG Innovators Programme」。SDGsやイノベーション分野の先駆者から学ぶとともに、ビジネスモデルを変革させる課題に取り組む。同プログラムは、UNGCのデンマークの地域ネットワーク「グローバル・コンパクト・ネットワーク・デンマーク」が主催し、世界十数カ国で開催。開催国間のネットワーク化も進める予定。  両プログラムは、ツボルグ財団が資金を支援。ツボルグは、デンマーク飲料大手で、1970年にカールスバーグの子会社となった。 【参照ページ】United Nations Global Compact to engage young business professionals in advancing the Sustainable Development Goals

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、企業・政府等にSDGsファイナンス拡大を要求

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は1月23日、国連持続可能な開発目標(SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」実践に向け、企業、政府、他のアクターに対し、SDGs達成に向けたファイナンスを拡大するよう要求した。投資家にとって便益となる長期的な事業姿勢を示すとともに、サステナビリティ・アジェンダに関する進捗や貢献を測定し情報開示する新手法を開発するよう要請した。  今回の発表は、2019年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)において、UNGCとピムコ共催のセッションの中で行われた。国連は、SDGs達成のためには毎年5兆から7兆米ドルのファイナンスが必要と試算している。  UNGCは、最終的には、機関投資家が2030ジェンダの実践に向けた意味ある貢献ができるよう、規模、流動性、多様性、透明性の面で充実した市場を構築していくと表明。UNGCは、「SDGsのための金融イノベーション・アクションプラットフォーム」を設置しており、同プラットフォームが活動の中心的な役割を果たす。 【参照ページ】The UN Global Compact calls upon business and Governments to take action to finance the Sustainable Development Goals

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、人権に関する取組まとめたレポート発表

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は11月26日、国連人権宣言70週年を記念し、人権分野の新たなレポートを発表した。UNGCが署名企業とともに展開してきた人権への取組が様々な事例とともに紹介されている。同時に、企業の人権への取組がまだ道半ばであることも指摘している。  同レポートは、世界中に現代奴隷が依然として4,000万人もいる事実を指摘。また、ジェンダー間の所得格差が拡大していることも問題視した。UNGCの2018年進捗レポートによると、人権に直接的に関係するリスクアセスメントを実施し報告している企業はわずか27%。インパクトアセスメントまで実施している企業となるとわずか17%に留まる。自社事業とサプライチェーンにおける人権への努力を深めることを求めている。 【参照ページ】UN Global Compact launches new report on human rights as the foundation of sustainable business

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、2018 SDG Pioneers受賞者10人発表。SDGs分野をリードした経営者

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月18日、企業分野で国連持続可能な開発目標(SDGs)をリードした個人を表彰する賞「2018 SDG Pioneers」の受賞者10人を発表した。同賞は毎年選出されている。 今年の受賞者 Esther An:City Developments Limited(CDL)最高サステナビリティ責任者(シンガポール) Jean-Louis Chaussade:スエズ・エンバイロメントCEO(フランス) Khalil Daoud:LibanPost SAL会長兼マネージングディレクター(レバノン) Hanaa Helmy:EFG Hermes Foundation CEO(エジプト) Alice Laugher:Committed To Good(CTG)CEO(アラブ首長国連邦UAE) Emmanuel Lulin:ロレアル最高倫理責任者(フランス) Danielle Pieroni:Foxtime Recursos Humanos COO(ブラジル) Teressa Szelest:BASF北米市場ビジネス開発担当社長(ドイツ) Martha Tilaar:Martha Tilaarグループ創業者(インドネシア) Greg Welsh:Winya Indigenous Furnitureディレクター(オーストラリア)  同賞は、国連グローバル・コンパクト(UNGC)に署名している企業の経営陣のうち、SDGsに大きく貢献した経営者が選ばれる。自薦または自社内の同僚、UNGCに署名している他社の従業員による応募を基に選出されている。 【参照ページ】2018 SDG Pioneers

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、上級会員向けのeラーニングツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月12日、eラーニングツール「UN Global Compact Academy」をリリースした。国連持続可能な開発目標(SDGs)やUNGCの10原則を経営に統合する手法について学習できる。  今回のツールは、UNGCの上級会員資格「Participant」加盟企業向けの公開されている。Participantは2018年1月1日から始まった会員ステータスで、以前からある「署名(Signatory)」と比べ会費が概ね2倍だが、活用できるサービスが大きい。 【参照ページ】The UN Global Compact launches the Academy — a new digital learning platform to help companies become more sustainable

» 続きを読む

private 【国際】Sustainalytics、ESG株式インデックス「GSSI」新設。UBSが排他的利用権獲得、IBRDが指数連動債発行

Facebook Twitter Google+

 ESG評価機関世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は9月10日、新たなESG株式インデックスをリリースした。同インデックスは、UBSが排他的金融商品プロバイダーとして契約し、第一号の金融商品として国際復興開発銀行が指数連動債を発行する。同インデックスは独インデックス開発大手Solactiveが管理運営する。  今回開発されたインデックスは (more…)

» 続きを読む

private 【国際】国連グローバル・コンパクトとGRI、企業のSDGs報告ガイダンス発行。優先順位付け報告すべき

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクトとGRIは8月1日、企業報告に国連持続可能な開発目標(SDGs)を盛り込む報告ガイダンスを発表した。日本では、総花式にSDGsの17のゴールを事業活動に紐付ける動きが広がっているが、同ガイダンスでは、企業が取り組むべきSDGsターゲットを優先順位を付けて明確にすべきと強調した。  今回の報告書は、GRIと国連グローバル・コンパクト(UNGC)が2017年1月11日から実施している合同プロジェクトの成果。同プロジェクトでは、UNGC10原則や国連持続可能な開発目標(SDGs)、国連ビジネスと人権に関する指導原則、GRIを踏まえた企業情報開示を検討してきた。今回発表のガイダンスは新たなフレームワークではなく、各フレームワークやSDGsに適した企業情報開示のあり方を整理し提示したもの。 【参考】【国際】GRI・UNGCのSDGs情報開示合同プロジェクト、2年間活動の参加企業を募集中(2017年1月24日)  今回のガイダンスでは、SDGs報告のフローとして、(1)優先度の高いSDGsターゲットの設定、(2)測定と分析、(3)報告と変化に向けた実行の3つのステップを踏むべきと提示。報告するSDGsターゲットの優先順位の付け方については (more…)

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、持続可能な海洋ビジネスアクションプラットフォーム発足

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は6月8日、海洋ビジネス分野の新たなイニシアチブ「持続可能な海洋ビジネス・アクション・プラットフォーム(Sustainable Ocean Business Action Platform)」を正式に発足した。UNGCは今年2月、同イニシアチブの発足を公表していた。 【参考】【国際】国連グローバル・コンパクト、海洋関連ビジネスイニシアチブ発足。ノルウェーが主導(2018年2月8日)  同イニシアチブは、企業、NGO、国連機関、政府が自主的に参加する3年間のイニシアチブ。UNGCの10原則に則り、漁業、海運業、観光業、資源採掘業等が国連持続可能な開発目標(SDGs)達成に寄与する方策を検討する。発足はノルウェー政府が主導した。  持続可能な海洋ビジネス・アクション・プラットフォームのスポンサー機関は、ノルウェー政府、ノルウェーのサケ養殖大手Cermaq(三菱商事100%子会社)、ノルウェー資源大手Equinor(旧社名スタトイル)、ノルウェー保険大手Gard、独化学大手コベストロ。  現在、同イニシアチブには、トタル、A.P.モラー・マースク、ABNアムロ、DNB、ノルウェー銀行・インベストメント・マネジメント(NBIM)、ミュンヘン再保険、ロイズ・レジスター・グループ・サービシーズ、国際海事機関(IMO)、世界自然保護基金(WWF)インターナショナル、世界資源研究所(WRI)等。他にも、国連食糧農業機関(FAO)、国連環境計画(UNEP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)の政府間海洋学委員会(IOC)がパートナー参加している。 【参照ページ】UN Global Compact launches new action platform for Sustainable Ocean Business and development

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、ユニリーバのポールマンCEOら2名が副議長に就任

Facebook Twitter Google+

 アントニオ・グテーレス国連事務総長は4月20日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の副議長ポストに、スタンダードチャータード・ナイジェリアのボラ・アデソラCEO兼マネージング・ディレクターと、ユニリーバのポール・ポールマンCEOの2名を任命した。現職ポストを過去10年間務めたマーク・ムーディ・スチュアート元ロイヤル・ダッチ・シェル会長は退任する。UNGCの議長は国連事務総長が兼任。  アデソラ氏とポールマン氏は、過去にUNGCのボードメンバーに任命されていたこともあり、企業の立場からサステナビリティの知見をインプットすることが期待されている。  アデソラ氏は、銀行家として25年以上のキャリアを築いたナイジェリア人女性。2011年からスタンダードチャータード・ナイジェリアのCEO及びマネージング・ディレクターを務めている。スタンダード・チャータード以前は、ファースト・バンク・オブ・ナイジェリア、シティバンクに勤務。また、ハーバード・ビジネス・スクール及びラゴス・ビジネス・スクールで学び、バッキンガム大学で法学士を取得している。  ポールマン氏はオランダ出身。2009年からユニリーバのCEOを務める。ユニリーバ以前は、ネスレ、P&Gに勤務し、P&Gには26年在籍した。フローニンゲン大学、及びシンシナティ大学で学んだ。  両氏は今後、国連事務総長とリセ・キンゴUNGC事務局長と協働し、UNGCを運営していく。 【参照ページ】 【参考サイト】 UN “Mr. Paul Polman of the Netherlands - Vice Chair of the Board of the United Nations Global Compact” (https://www.un.org/sg/en/content/sg/personnel-appointments/2018-04-20/mr-paul-polman-netherlands-vice-chair-board-united)

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、海洋関連ビジネスイニシアチブ発足。ノルウェーが主導

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は2月2日、海洋保全のためビジネスアクションイニシアチブ「Business Action Platform for the Ocean」を発足した。企業や、NGO、国連、政府が一体となりアクションを起こしていく。UNGCは国連持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けたアクションプラットフォームを導入しており、今回の活動もその一環。  同イニシアチブの最初の政府参加国はノルウェー。同イニシアチブの発足発表も首都オスロで行われ、企業、国連、政府関係者、NGO等40名が出席した。ノルウェーの領海は領土の6倍。石油や漁業、海運で国内で21万4,000人が雇用されている。  世界の海洋関連ビジネスは今後も発展を続け、2030年までに4,000万人分の雇用を生み出すと予測されている。一方で、海洋酸性化や海洋ごみ問題、乱獲等の大きな問題も抱えている。今後、規制強化だけでなく、積極的な民間投資やイノベーションも必要となる。同イニシアチブは異業種間のパートナーシップを形成していく。 【参照ページ】UN Global Compact announces new Business Action Platform for the Ocean

» 続きを読む
ページ上部へ戻る