【イギリス】ユニリーバ、茶栽培の持続可能性向上のための品種改良に着手

Facebook Twitter Google+

英ユニリーバは、同社の主要商品であるお茶商品の研究開発プログラムを立ち上げ、将来の気候変動や生産性向上に寄与する品種改良に乗り出すことを発表した。将来の干魃、疫病に耐性のある遺伝子品種を後世に残すため、品種の多様化を図る。同プログラム推進に当り、ニューヨークに本拠地を置く遺伝子分解析企業Nature Source Geneticsと提携する。ユニリーバは世界中で生産されるお茶の12%を調達する大規模茶製品企業。傘下にはLipton、P [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る