【アメリカ】ワシントンDC地方政府、全米初の「環境インパクトボンド」を発行

Facebook Twitter Google+

 米国首都ワシントン地域を管轄するコロンビア特別区政府の上下水道局は9月29日、米政府として第1号となる「環境インパクトボンド(EIB)」を発行したことを明らかにした。環境インパクトボンドの発行額は2,500万米ドル(約26億円)で、同上下水道局が取り組んでいる26億米ドル(約2,740億円)規模の豪雨時の排水インフラ強化及び飲料水の水質改善プロジェクトの資金に供される。発行された環境インパクトボンドは、投資銀行世界大手ゴールドマン・ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る