【戦略】中国の「第13次5カ年計画(2016〜2020年)」、設定された社会・環境の定量目標

Facebook Twitter Google+

 2016年3月に中国で開催された「両会」。この場で第13次5カ年計画が正式に可決され、中国共産党および中国政府の公式政策となりました。しかしながら、日本や欧米とは大きく異なる政治制度を採っている中国の話は、なかなかピンと来るものではありません。中国は、世界最大の人口、世界第2位のGDP、国連安全保障理事会常任理事国、通貨人民元は国際通貨基金の準備通貨SDRに採用、二酸化炭素排出量世界一など国際的に大きな存在感を示す大国である一方、そ [...]

» 続きを読む

【中国】「地方政府への監督を強化」政府の新環境保護部部長が指摘

Facebook Twitter Google+

 国務院環境保護部部長(環境大臣に相当)に新たな就任した陳吉寧氏は「環境保護の業務において、地方政府への監督を強化し、地方政府が確実に責任を履行するのを促さなければならない」と指摘した。陳氏によると、環境保護部は目下のところ以下の5つの要件を注目していくという。  一つ目は今年に入って施行された新環境保護法を徹底的に実施していくこと。事前防止、過程管理を厳格化し、結果に対しても厳重に処罰することによって、違法企業への対処を強める。また [...]

» 続きを読む

【中国】第13次5カ年計画の柱に「グリーン金融」が盛り込まれる見込み

Facebook Twitter Google+

中国大陸の権威的な経済メディアである「央広財経評論」は、中国の中央銀行である中国人民銀行の潘功勝副総裁が、現在検討を進めている2015年から2020年までの中期計画「第13次5カ年計画(十三五計画)」において、グリーン金融が柱の一つになることを明らかにしたと報じた。 グリーン金融とは、金融機関の日常業務において環境保全を組み込んでいくことを言う。投融資の意思決定の際、環境に与える潜在的な影響を考慮し、環境条件と相関性のあるリターン、リ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る