【イギリス】マークス&スペンサー、モバイルテクノロジーを活用してサプライヤー工場の労働環境調査を実施

英国小売大手のマークス&スペンサーは10月21日、自社サプライチェーンの労働環境改善に向けた取り組みとして、中国、インド、バングラデシュ、スリランカ、イギリスの5カ国に存在する46の製造工場で働く労働者64,230名に対し、モバイルテクノロジーを活用し [...]

【アメリカ】ウォルト・ディズニー、サプライチェーンの労働環境を改善するモバイルソリューションに資金提供

モバイルテクノロジーを活用してグローバルサプライチェーンにおける労働環境改善に取り組んでいるGlobal World Solutionsは9月23日、同社が提供するモバイルソリューション”Labor Link“の拡大に向け、The Walt Disney Company(以下、ウォルト・ディ [...]

【スウェーデン】H&MとILO、持続可能なグローバルサプライチェーンの実現に向け提携

アパレル業界のグローバルにおける労働慣行改善に向け、大きな一歩となる提携が実現した。アパレル大手のH&MとILO(International Labour Organization:国際労働機関)は9月15日、労使関係、賃金、キャパシティ・ビルディング、スキル開発など、労働分野に [...]

【アメリカ】ホテル世界大手Wyndham Worldwide、ヒスパニック系団体からダイバシティー企業として表彰

ホテル業界世界大手のWyndham Worldwide社は、ヒスパニック企業責任協会(HACR)からヒスパニック系市民に対するダイバーシティーに貢献する企業として表彰された。同社が同賞を受賞するのは昨年に続き2回目。 HACRは、毎年独自の企業包接性指数というものを用い [...]

【製造業】変わりつつある従業員の要求と、富士ゼロックスシンセンのEAP(従業員支援プログラム)

今回ご紹介するのは、富士ゼロックスシンセンのEAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)の取り組みだ。2011年1月、CNBC Asia・CNBC USA・CNBC Europeで放送されているCSR専門番組「RESPONSIBLE BUSINESS」で、同社の取り組みが紹介された。 中 [...]

【ドイツ】スマートフォンのサステナビリティについて考えたことがありますか?

もはや、私たちの生活に欠かせない存在となりつつあるスマートフォン。皆さんはこのスマートフォンのサステナビリティについて考えてみたことがあるだろうか。 2012年だけで、世界中で約8億台のスマートフォンが販売された。これら大量のスマートフォンは、一体ど [...]

【ブラジル】プロドライバーの免許更新における麻薬検査にサイコメディクスが採用

ブラジル連邦政府は、プロドライバーの免許更新時に麻薬検査を必要とする新ガイドラインを発表した。 テストは毛髪を使って行われる。毛髪での麻薬検査は90日まで遡った麻薬使用を検知でき、2日前までしか検知できない尿や唾液よりも正確に麻薬使用をテストできる [...]

【カナダ】East Africa Metalsの子会社がタンザニア政府から社会的責任に関する賞を受賞

カナダに本社を置くEast Africa Metalsは、タンザニアで事業を展開する子会社「Canaco Tanzania Limited」がタンザニア大統領から表彰を受けたと発表した。 授賞式は、タンザニア大統領ジャカヤ・キクウェテ氏によって執り行われタンザニアにおける採取産業の取り [...]

【アメリカ】大手化学製品メーカー、STEM教育の底上げ目的の助成金制度実施

アメリカの総合化学品メーカーThe Dow Chemical Companyは、CSR活動の一環としてSTEM分野の研究をサポートする目的で新たな助成金制度を発表した。これは、ブリストル、ニューアーク、スピリングハウスにある3つのコミュニティー諮問委員会(CAC)が選定にあたる。 [...]

Links

ページ上部へ戻る