【国際】フォーチュン誌、世界を変える企業ランキング「Change the World」を公表

Facebook Twitter Google+

※2016年最新版は【国際】フォーチュンのCSV観点企業ランキング「Change the World 2016」公表、日本企業2社ランクインを御覧ください。  「フォーチュン500」、「フォーチュン・グローバル500」などで知られる米ビジネス誌のフォーチュン誌は8月20日、初めての試みとして事業を通じて社会に変革をもたらしている企業トップ50社を格付した新たなランキング、「Change the World 2015」を公表した。  同ランキングは自社の事業戦略の中核に主要な社会課題を位置づけ、その解決に向けた取り組みにおいて優れた功績を挙げている企業を表彰するものだ。候補企業の選定や格付にあたっては、2011年に「CSV(共通価値創造)」の概念を提唱したことでも知られるハーバード大学のMichael Porter教授や、CSVを世界的な規模で推進しているNPOシンクタンクFSGらが監修を担当した。  初回となる2015年のランキングで1位に輝いたのは、英携帯大手ボーダフォンの合弁会社、ケニアのサファリコムだ。同社のスマートフォンを活用したバンキングシステム「M-Pesa」が、東アフリカやインドなど1700万人以上の人々に対して新たに金融サービスへのアクセスを提供した点が評価された。    2位に輝いたのはグーグルで、3位にトヨタ、4位にウォルマートと続く。トヨタはハイブリッド車のリーディングカンパニーとして自動車業界のCO2排出削減に大きく貢献した点が評価された。そのほか、トップ50社にはスターバックスやユニリーバ、イケアなど優れたサステナビリティ戦略で知られる大手企業が数多くランクインしている。トップ10社は下記のとおり。 ボーダフォン/サファリコム(英国/ケニア) グーグル(米国) トヨタ(日本) ウォルマート(米国) エネル(イタリア) グラクソ・スミスクライン(英国) ジェイン・イリゲーション(インド) シスコ・システムズ(米国) ノバルティス(スイス) フェイスブック(米国)  今回の「Change the World 2015」の発表にあたり、フォーチュンは同社のウェブサイト上で「資本主義」の質的な変化について解説している。同誌は「過去20年間は、中国の指導者らが平等という衣を脱ぎ捨てて自由市場を認めたことにより10億人が貧困から脱するなど、人類の歴史上において資本主義の恩恵が最も際立っていた」としつつ、グローバル化やテクノロジーの進展が貧富の格差を広げている現状や2008年の金融危機の事例などを挙げながら、「賢い経営者は、従来の資本主義とは異なる大きな流れが進行していると感じており、その流れを無視すれば危険にさらされると認識している」と指摘する。    また、同誌は社会的関心の高い消費者や理想を求める従業員、そして懐疑的な市民に突き動かされる形で企業は社会課題を是正する資本主義の力を示す新たな方法を模索しているとしたうえで、従来の資本主義のあり方を修正する必要性を強調している。また、政府の力が弱体化しつつある現状において、資本主義の力がかつてないほどに必要になっていると指摘している。  今回の「Change the World List」は、このような認識のもとに作成されたものだ。経営戦略の一部として社会課題に立ち向かい、課題解決に向けた重要な進展に寄与した企業の実績を評価するというのが格付の主旨だ。ランキングリストでは各社の具体的な取り組み事例も掲載されているので、興味がある方はぜひ下記から確認していただきたい。 【参考サイト】Change the World list 【参照リリース】Introducing Fortune's Change the World list: Companies that are doing well by doing good

» 続きを読む

【アジア】CSRアジア、オックスファムと共同でレポート「インクルーシブビジネスを通じたCSV」を公表

Facebook Twitter Google+

 CSRコンサルティングのCSRアジアは3月19日、貧困問題に取り組む国際NGOのオックスファムとの共同研究の一部として、インクルーシブビジネスを通じてCSV(共通価値創造)を実現する方法についてまとめた報告書、"Creating Shared Value Through Inclusive Business Strategies"を公表した。  今、世界では人口の3分の2が貧困層に属しており、彼らの多くは必要最低限のサービスさえ受けられないでいる。彼らが独力で自らの経済的困難を打破するのは非常に困難な場合が多い。企業は雇用創出やサプライチェーンを通じて貧困にあえぐ人々の苦難を軽減することができるが、今、企業にはそれだけではなく、貧困層の人々を自社のバリューチェーンに巻き込みながら共に発展していくという事業の在り方、インクルーシブビジネスが求められている。  そしてその根幹となるのが「共通価値創造(CSV)」の考え方だ。CSVは事業として成り立つ形で社会的課題を解決することを目指しており、企業に対してグローバル課題の解決、開発への貢献をしながら競争力を高める機会を提供する。CSVは事業の成長、生産性の向上、収益と新たな機会の創出と同時に、貧困にあえぐ人々に収入をもたらし、さらには持続可能な技能やテクノロジーの導入により、環境と資源の保全も実現する。  CSRアジアの代表を務めるRichard Welford氏は「効果的なインクルーシブビジネス戦略は、貧しい人々や社会的弱者に経済的便益をもたらすだけではなく、企業のバリューチェーンの競争力を高める」と語る。  同レポートはインクルーシブビジネス戦略を通じていかにCSVを実現するかを解説しており、また、インクルーシブビジネス戦略の導入に関心を持つ企業が実行するべき、実践的なロードマップを提示している。また、発展途上国で実践されているインクルーシブビジネスの実例も数多く紹介されている。  「CSVアプローチの大きなメリットは、取り組みが自然と拡大していく点にある。企業は社会的ニーズに取り組めば取り組むほど、そのぶん利益は増加する」とWelford氏は語る。  レポートではインクルーシブビジネスによって共通価値を創造する方法は一つではないと結論付けた上で、バリューチェーンの性質を見極め、貧しい人々に利益をたらす援助方法を注意深く設計することが重要だとしている。  インクルーシブビジネスは、急速な経済発展とそれに伴う環境破壊や貧困格差などが深刻化しているアジアや中南米において、今もっとも注目されているビジネス手法の一つだ。発展途上国で事業を展開している企業にとっては同レポートで提示されているフレームワークや事例が多いに参考になるはずだ。レポートは下記からダウンロード可能。 【レポートダウンロード】Creating Shared Value Through Inclusive Business Strategies 【企業サイト】CSR Asia

» 続きを読む

【スイス】ネスプレッソのCEOが語るCSV戦略の重要性とそれを実現する方法

Facebook Twitter Google+

 ネスプレッソのCEOを務めるJean-Marc Duvoisin氏は2月23日、今年5月にニューヨークで開催予定のShared Value Leadership Summitでの講演に先立ち、なぜCSV(Creating Shared Value:共通価値創造)が企業にとって必要不可欠なのか、そして同社の展開するNespresso AAA Sustainable Quality™ Program(ネスプレッソAAAサステナブル品質プログラム)が、どのようにコーヒー農家コミュニティに対して良い影響を生み出しているのかについて、インタビュー形式のプレスリリースを発表した。下記に、その内容のポイントをご紹介する。 ネスプレッソのリーダーとして、なぜ共通価値の重要性は高いのか?  Duvoisin氏は、ネスプレッソのビジネスを持続可能なものにし、高品質なコーヒーという同社のブランドを守るうえでCSVは必要不可欠だとしている。農家に寄り添って働くことで初めて高品質なコーヒーを顧客に対して提供できるだけではなく、コーヒー豆の長期的な供給を確実にし、自社のビジネスを持続可能なものにしてくれると語る。  また、同氏はCSVのアプローチはビジネスモデルと密接に結びついている必要があり、ネスプレッソのアプローチは常によりシンプルで、ステークホルダーへの悪影響を最小限にするように設計されてきたと説明する。 ネスプレッソの業界に影響を与える緊急の社会的課題は何か。また、共通価値のソリューションを通じてどのようにそれらの課題に対処できるのか。  ネスプレッソにとって重要なサステナビリティ課題としてDuvoisin氏が挙げているのが、同社の高品質なコーヒー供給を実現している農家の生活を脅かす、社会・経済状況の変化や気候変動だ。具体的には、それらの影響による農家の生産性の低下や価格の不安定性の向上、通貨レートの変動などの問題を挙げている。 また、同氏は農家の高齢化と若年層離れのリスクについても指摘しており、コーヒー農業という仕事が魅力的であり続けるための方法を模索する必要性を指摘している。 組織内でどのように共通価値に向けたイノベーションを起こすのか。その事例を教えてほしい。  CSVの実現に向けた組織における具体的なイノベーション方法と事例について、Duvoisin氏は昨年コロンビアで開始した、コーヒー農家向けの退職年金基金の取り組みを挙げている。これはコロンビア労働省やサプライヤー企業、フェアトレード・インターナショナルなどとの革新的な官民パートナーシップだという。  また、同社の展開するAAA Sustainable Quality™ Program自体が、パートナーNGOのレインフォレスト・アライアンスとの協働による革新的なCSVの取り組みだとしたうえで、共通価値を創造し、良い影響を生み出すためには、パートナーシップが必要不可欠だと強調する。 社会的価値とビジネス上の価値の関連性について何を学んでいるか。  Duvoisin氏は、共通価値のアプローチを自社のビジネスモデルに統合しようとすれば、ビジネスを加速させる革新的なソリューションが見つかるだけではなく、農家の人々に対する社会・環境面の価値も見つけることができると語る。  同氏によれば、実際にネスプレッソのAAA Programに参加した農家は、参加していない農家と比較して、社会的状況が22.6%改善し、環境の状況が52%改善、経済的な状況が41%改善されたとの報告が示されているとのことだ。  また、社会的価値とビジネス価値が結びついた具体的な事例として同氏が語るのが、コロンビアにおける地域パートナーのセントラルミル社との、コーヒー豆の品質向上に向けた共同出資の事例だ。この取り組みでは、それぞれの農家がコーヒーの実をコーヒー豆へ加工する代わりに1か所へまとめた工場で加工を行うことにより、コーヒー豆の品質を保ち、コーヒー豆の損傷率を大きく削減することに成功した。  その結果、出荷前の品質チェックにパスできなかったコーヒー豆の割合を約50%からほぼ0%まで低下させることに成功し、農家は以前の2倍ものAAAレベルのコーヒーを生産できるようになり、純収益が17%増加し、農家の生活レベルが改善されたとのことだ。  さらにこの取り組みは収穫期における農家の人々の労働時間を4時間以上減らすことに繋がり、農家の人々は余った時間を利用し、家族と共に農場の管理に時間を割けるようになったという。また、環境面からみると、セントラルミル社は水使用量を以前と比べて63%まで削減させることに成功したという。Duvoisin氏はこの成功事例をトリプル・ウィンと呼んでいる。 共通価値の実現に向けて、あなたが直面している最大の課題は何か。そうした課題を克服するためにどのような機会の展望を持っているのか、またこうした取り組みを独自に進めるのか、それともパートナーと共に進めるのか。  Duvoisin氏は、共通価値の実現には時間と資源が必要で、忍耐強く、謙虚に適応と改善に取り組む必要があるとしたうえで、それは決して一人で行うことができず、パートナーが必要だと語る。また、ネスプレッソが実際に直面した課題としては、農家の人々にAAA Programへの参加を説得する難しさを挙げている。  AAA Programへの参画にあたっては、これまでの仕事のやり方にプライドを持っている農家からの抵抗もあり、中にはネスプレッソの提案する方法が間違っており、自身のこれまでのやり方が正しいということを証明するためにAAA Programへと参画した農家もあったとのことだ。しかし、その農家も実際にプログラムに参加してみて考えが変わり、ネスプレッソが提供する支援やアドバイスの価値を理解してくれたことが最高の喜びだったと語る。  いかだろうか。Duvoisin氏の言う通り、共通価値の創造は即座に実現できるものでは決してなく、多様なパートナーとの連携と長期に渡る地道な努力が必要不可欠だ。CSVを理論だけではなく実際に実践に移すことで多くの成果を挙げてきた同社の取り組みから学べる点は多い。インタビューの詳細についてより詳しく知りたい方は下記からどうぞ。 【参考サイト】Nespresso CEO explains how the company’s approach to creating shared value drive positive impact for coffee farmers 【企業サイト】Nespresso (※写真提供:Leonard Zhukovsky / Shutterstock.com)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る