private 【国際】S&P、信用格付レポートに「ESG」セクション設置。今年中に全大企業対象

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは1月31日、信用格付レポートの中に「ESGセクション」を設けると発表した。すでに、石油・ガスと電力の2セクターで開始しているが、今後、大企業では全セクター、中小企業ではESGリスクへのエクスポージャーが高いセクターについて、同セクションを設置。2019年を通し、同社の信用格付全体の約40%となる約2,000件の信用格付レポートの中に、同セクションが登場する予定。  同社は過去2年間、 [...]

» 続きを読む

【日本】R&I、TCFDに賛同。信用格付会社では世界3社目、国内では初

Facebook Twitter Google+

 格付投資情報センター(R&I)は1月29日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に賛同したと発表した。信用格付会社の賛同は、ムーディーズ、S&Pグローバル・レーティングに次いで3社目。国内では初。R&Iは、他にも、国連責任投資原則(PRI)の「信用格付ESG声明(Statement on ESG in Credit Ratings)」にも署名している。  同社は、ESG分析強化の取組を目下進めており、信用分析の中に環境視点 [...]

» 続きを読む

private 【国際】フィッチ、信用格付に影響を与えるESG要素を開示したツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 信用格付大手米フィッチ・レーティングスは1月7日、ESG要素が信用格付に与える影響測定手法及び結果を開示したツール「ESG Relevance Scores」をリリースした。セクター特有の要素や個別企業特有の要素、統一的な手法を用いて測定した。信用格付へのESG影響を大規模に (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ムーディーズ、信用格付でのESG考慮基本原則内容審議でパブリックコメント受付

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米ムーディーズは9月19日、業界横断でESGリスクを評価するための基本原則についてパブリックコメントを募集していると発表した。この方法論は、ムーディーズが信用格付においてESGリスクを捉える上でのベースとなる部分。  提起された方法論は、債券の発行体の信用リスクに影響を与えるESG課題の概念フレームワークを整備しており、ムーディーズがESGをいかに考慮しているかを示すものともなる。ムーディーズは、すでに重大なESGリ [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、気候変動が与えた企業利益への影響に関する分析レポート発表。「影響は有意」

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは6月11日、気候変動が企業利益に与えた影響を分析したレポートを発表した。気候変動や異常気象が企業利益に与える影響は有意と結論づけた。  今回S&Pグローバル・レーティングは、気候変動が企業利益に与えた影響を調査するため、金融情報端末ブルームバーグを活用し、2017年4月から2018年4月までの間になされた業績修正報告において気候変動に関する説明がなされた企業を集計した。今回の調査では [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、環境・気候変動リスクが過去2年間の信用格付に影響を与えた内容を公表

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは11月9日、環境・気候変動リスクが同社の信用格付に及ぼす影響についてまとめたレポートを公表した。S&Pグローバル・レーティングは、2年前に同様のレポートを出していたが、その後状況変化や気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言等を踏まえ、同社の信用格付における影響の最新動向を情報開示している。  S&Pグローバル・レーティングは、業種を40種類、プロジェクトファイナンスでも [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、TCFDの気候関連財務情報開示ガイドラインと信用格付の関連について見解発表

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手S&Pグローバル・レーティングは8月16日、金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が推奨する情報開示と同社が行う信用格付の関連性に関してコメントを発表。将来的にTCFDの情報開示が信用格付に反映される可能性を示唆した。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る