【国際】気候変動関連の災害は80年代の約2倍に増加。食糧確保の大きな脅威に

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organization、以下FAO)は11月26日、気候変動が食糧にもたらす影響に関する報告書、"The impact of disasters on agriculture and food security"を公表した。FAOは同報告書の中で、過去30年間に渡って気候変動に誘発された干ばつ、洪水、嵐・荒天等の災害は頻度とその深刻さを増しており、多くの開発途上国において [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る