【フランス】ロレアルとスイス・ベンチャーGjosaが提携。水消費量削減シャンプーの開発

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアルは11月27日、洗い流しが簡単なシャンプー開発で、スイス・スタートアップGjosaとの提携を発表した。Gjosaのシャワー技術と協力し、研究開発を進める。 Gjosa introduction from gjosa on Vimeo.  Gjosaが開発したシャワーヘッドは、洗浄力を落とさずに水消費量を約4分の1に削減できる。これにより水消費量だけでなくエネルギー消費量も削減できる。ロレアルは、洗い流しが簡単 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ロレアルUSA、2019年中にカーボンニュートラル達成。再生可能天然ガス購入を強化

Facebook Twitter Google+

 化粧品大手仏ロレアルの米国法人ロレアルUSAは3月1日、2019年中に米国の製造・流通全21事業所がカーボンニュートラル(二酸化炭素のネット排出量ゼロ)を達成する計画を発表した。同社は、ケンタッキー州での大規模太陽光発電やテキサス州での風力発電等再生可能エネルギー発電を17ヶ所で手がけているが、今後は再生可能天然ガス(RNG)にも力を入れる。  RNGは、埋立処分場、排水処理場、牧場、農場の腐敗有機廃棄物等から抽出される非化石燃料由 [...]

» 続きを読む

【国際】コカ・コーラ、ユニリーバ、ウォルマート等11社、2025年までのパッケージ・リサイクル100%を宣言

Facebook Twitter Google+

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団は1月23日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の場で、グローバル企業11社が2025年までに全パッケージを再利用、リサイクル、堆肥化可能な素材に変えることを表明していると発表した。11社は、コカ・コーラ、ペプシコ、エビアン、ウォルマート、ユニリーバ、ロレアル、マース、マークス&スペンサー、エコベール、アムコール、Werner & Mertz。11社の生成プラスチ [...]

» 続きを読む

【国際】ロレアル等化粧品大手4社、サプライヤーのサステナビリティ改善イニシアチブ「RBI」発足

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、仏クラランス、米コティ、仏ロシェ・グループ(イヴロシェ)の4社は11月14日、サステナビリティ・サプライチェーン評価機関EcoVadisとパートナーシップを組み、新たなイニシアチブ「Responsible Beauty Initiative(RBI)」を発足した。同イニシアチブは、化粧品業界のサプライチェーン全体における倫理、社会、環境面でのパフォーマンスの向上を目指す。具体的には、同イニシアチブに参画する [...]

» 続きを読む

【国際】Quantisの土地利用ガイドライン(LUCガイダンス)、試験フェーズ開始。大手企業参加

Facebook Twitter Google+

 米サステナビリティ・コンサルティングQuantisは9月5日、土地利用ガイドライン「Land Use Change Guidance(LUCガイダンス)」の試験フェーズを開始したと発表した。同ガイドラインは、企業、NGO、政府機関、学術機関等40団体以上が共同で作成し、森林管理や農業等の土地利用、土地利用の変化に関する内容になっている。  同ガイドライン作成に参加し、試験的実施(パイロットフェーズ)に参加するのは、ロレアル、ゼネラル [...]

» 続きを読む

【フランス】ロレアル、2016年度サステナビリティ報告書発表。CO2排出削減を前倒しで達成

Facebook Twitter Google+

 フランス化粧品大手ロレアルは4月20日、2016年度サステナビリティレポート「2016 Progress Report」を発表した。ロレアルは2013年から、2020年に向けたサステナビリティ・コミットメント「Sharing Beauty With All~美のすべてを、共に次世代へ~」を設定。(1)イノベーションにおける持続的発展、(2)生産における持続的発展、(3)持続可能な暮らし、(4)従業員・サプライヤー・コミュニティにおけ [...]

» 続きを読む

【国際】責任ある雲母イニシアチブ発足。ロレアルなど欧米中韓印の化粧品や電気電子企業が参画

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手ロレアルは2月22日、インドでの雲母(マイカ)採掘に児童労働が関与している問題の解決を目指す「責任ある雲母イニシアチブ(Responsible Mica Initiative)」の創設メンバーとして参加したと発表した。同イニシアチブは、2016年2月にインド・デリーで開催された雲母採掘会議をきっかけに発足。官民からの資金提供を受け、インドの雲母採掘産業の健全化に向け5年間の活動を行う。  雲母は、塗料、電材、化粧品、切 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ナイキなど企業・投資家365社、気候変動対策継続をトランプ次期政権に求める共同書簡送付

Facebook Twitter Google+

 米国でビジネスを展開する企業、投資家、NGOなど365社は11月16日、米国政府に対し、気候変動枠組条約パリ協定の遵守と推進を求める公開書簡「Business Backs Low-Carbon USA」を送付した。公開書簡の宛先は、トランプ次期大統領、オバマ現大統領、米国連邦議会議員およびCOP22マラケシュ会議に集まった世界のリーダーたち。公開書簡の送付に加わっている米国企業(一部外国企業も含む)には、デュポン、HP、インテル、シ [...]

» 続きを読む

【フランス】ロレアル、2005年比でGHG絶対量56%減を達成。サステナビリティ報告書

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手ロレアルは4月20日、2015年度のサステナビリティ報告書「2015 PROGRESS REPORT」を公表、ロレアルグループ全体の取り組み成果を発表した。とりわけ温室効果ガスに関しては、2005年比で56%もの二酸化炭素排出量削減を達成した。ロレアルは温室効果ガス削減に取り組む世界的プロジェクトのCDP(Carbon Disclosure Project)から最高の「A」の格付を得ている。それ以外でもロレアルは、20 [...]

» 続きを読む

【フランス】ロレアルの最高倫理責任者、米国外で初となるCarol R. Marshall賞を受賞

Facebook Twitter Google+

 フォルクスワーゲンや東芝の事例にように企業不祥事が事業経営に致命的な影響を及ぼす事例が多発している中、ビジネスにおける企業倫理や法令遵守の重要性は日に日に高まっている。  そのような中、フランス化粧品大手のロレアルは1月22日、企業倫理と法令遵守における革新的な活動が評価され、同社のChief Ethics Officer(最高倫理責任者)を務めるEmmanuel Lulin氏が、2015年度のCarol R. Marshall A [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る