【アメリカ】全米最大ルター派教会、化石燃料ダイベストメントを決定

Facebook Twitter Google+

 アメリカの最大ルター派教会であるアメリカ福音ルーテル教会(ELCA)は8月13日、教会全体の意思決定機関である全体総会を開催し、化石燃料関連企業へからの投資を引揚げ(ダイベストメント)、持続可能な環境に積極的な企業に投資することを決めた。アメリカ福音ルーテル教会は全米で7番目に大きいキリスト教教会団体。全体総会は、アメリカ福音ルーテル教会の地域教区から選出された信徒と任命牧師が投票権を持ち、今回の決定では900名の過半数がダイベスト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る