private 【国際】ダイバーシティ企業ランキング「D&Iインデックス2018」。日本企業4社ランクイン

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米トムソン・ロイターは9月6日、ダイバーシティ・インクルージョン評価の高い世界の上場企業100社を選出したランキング「Diversity & Inclusion(D&I)Index 2018」を発表した。調査対象は、同社がESGデータを保有する世界の上場企業7,000社超。ダイバーシティは従業員などの多様性を意味し、インクルージョンは日本語では「社会的包摂」とも訳されるがこれまで社会的に受入れられてこなかった人々を企 [...]

» 続きを読む

【国際】フォーチュンのCSV観点企業ランキング「Change the World 2018」発表。日本企業1社のみ

Facebook Twitter Google+

 「フォーチュン500」、「フォーチュン・グローバル500」などで知られる米ビジネス誌のフォーチュン誌は8月20日、事業を通じて社会に変革をもたらしている企業ランキング「Change the World 2018」を発表し、トップ57社を選出した。このランキングは2015年から開始され、今年で4年目。選出対象は年間売上10億米ドル以上の企業。ランキングの発表は、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ポーター教授やマーク・クラマー教 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グリーンピース、米小売22社の海産物サステナビリティ評価。首位ホールフーズ

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOグリーンピースは8月15日、米小売大手の海産物サステナビリティを評価するレポート「Carting Away the Oceans」の2018年版を発表した。同レポートは2008年に発行を開始し今年が10周年目。同レポートは、この10年間で米小売の海産物サステナビリティへの取組は大きく改善したものの、使い捨てプラスチックの問題にはまだ実効性のあるアクションを打ち出せていないと評した。  今年のレポートでは、小売大手22社 [...]

» 続きを読む

【日本】保険投融資方針の社会・環境格付「フェア・ファイナンス・ガイド」、2018年結果公表

Facebook Twitter Google+

 日本の環境NGO4団体は7月23日、保険大手の投融資方針の社会・環境性を格付するランキング「Fair Finance Guide(フェア・ファイナンス・ガイド)」の2018年日本版を発表した。フェア・ファイナンス・ガイドは、日本でも銀行大手を対象に実施してきたが、保険大手を対象にするのは今回が初。銀行ガイドは、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、スウェーデン、ノルウェー、ブラジル、インドネシア等世界13ヶ国で実施されているが、保険 [...]

» 続きを読む

【国際】バロンズ、ESG投資で最も影響力のある世界20人発表。マイケル・ブルームバーグら

Facebook Twitter Google+

 米金融情報紙バロンズは6月23日、ESG投資で最も影響力のある世界20人「The 20 Most Influential People In ESG Investing」を発表した。順序は名字のアルファベット順。 マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ) エイミー・ドミニ(ドミニ・インパクト・インベストメント) ジェローム・ドッドソン(Parnassus Investments) ロバート・エクルズ(ハーバード大学) ラリー・フィ [...]

» 続きを読む

private 【国際】KnowTheChain、ICT40社の強制労働対応ランキング2018発表。日本企業7社平均以下

Facebook Twitter Google+

 英人権NGOのKnowTheChainは6月17日、情報通信(ICT)業界の強制労働問題への対応状況を評価した2018年ランキング「2018 Information and Communications Technology Benchmark」を発表した。世界上位40社が対象。自社対応だけでなくサプライチェーンでの取組も大きな評価項目となった。同ランキングは2016年にも実施された。  評価対象となった企業は、アップル、インテル、 [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、「攻めのIT経営銘柄2018」「IT経営注目企業2018」発表。合計54社

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と東京証券取引所は5月30日、「攻めのIT経営銘柄2018」選定企業32社を発表した。同銘柄選定は、2014年から開始し今年で4年目。同時に経済産業省は、「IT経営注目企業2018」22社も発表した。IT経営注目企業は、「攻めのIT経営銘柄2018」に選定された企業以外で、総合評価が高い、または注目すべき取組を行っている企業を選定した。  攻めのIT経営銘柄は、東京証券取引所(一部、二部、ジャスダック、マザーズ)の上場企業 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2018年 AODP「Global Climate 500 Index:グローバル気候500インデックス 保険編」

Facebook Twitter Google+

 機関投資家の気候変動リスクを調査・報告している国際NGOのAsset Owner Disclosure Project(AODP)は5月24日、世界保険大手80社を対象とした気候変動対応ランキング「Global Climate 500 Index(グローバル気候500インデックス)2018 保険編」を発表しました。同ランキングの発表は今年で6回目。年金基金編及び運用会社編は改めて発表される予定です。また、AODPは2017年6月にE [...]

» 続きを読む

【アメリカ】DiversityInc、2018年ダイバーシティランキング「Top 50 Companies For Diversity」発表

Facebook Twitter Google+

 米ダイバーシティ推進DiversityIncは5月3日、米国大企業を対象としたダイバーシティ・ランキング「Top 50 Companies For Diversity」の2018年結果を発表した。トップ5は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マリオット・インターナショナル、AT&T、マスタカード、ADPの順。  DiversityIncは1998年創業。2001年から同ランキングを発表し、今年で18回目。ランキング対象は、米国で1,0 [...]

» 続きを読む

private 【国際】独ESG評価ISS-oekom、2018年ESG評価報告書発表。業界3位以内の日本企業ゼロ

Facebook Twitter Google+

 ドイツESG評価機関大手ISS-oekomは4月27日、世界全体の企業のサステナビリティ報告に関する状況をまとめた報告書「コーポレート・レスポンシビリティ・レビュー」の2018年版を発表した。同報告書は27業界の上位3位までの企業名も発表。3位以内に入った日本企業は昨年は4社あったが、今年はゼロで全て姿を消した。  同社は2009年から同報告書を発表しており今年が10回目。ISS-oekomはドイツのESG評価機関として最大手。19 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る