【イギリス】マークス&スペンサー、2025年に向けた野心的な「Plan A 2025」発表。計画を更新

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは6月1日、2025年を見据えた新サステナビリティ計画「Plan A 2025」を発表した。同社は2007年に、2020年に向けた長期サステナビリティ計画「Plan A」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることで有名。今回は次のターゲットを2025年に定め、サステナビリティの目標を更新した。  Plan A 2025は、「小売店」「消費財関連企業」「社会全体」の3つの柱で構成。それぞれの分野が抱える大 [...]

» 続きを読む

【人権】トルコでのシリア難民の児童労働、企業イニシアチブでの対応~下田屋毅氏の欧州CSR最新動向~

Facebook Twitter Google+

 英国放送協会(BBC)のドキュメンタリー「パノラマ」で、トルコの衣料品工場において、シリア難民の児童労働や不法労働により欧州の衣料品ブランド向けの衣服が製造されていることが報道された。  トルコは国際的な調達先として人気が高く、高品質の製品を迅速に生産するために急成長しており、バングラデシュと中国に次いで欧州への衣料品と皮革製品に関して3番目の輸出国となっている。その一方でトルコは、昨今のシリア国内の内戦を受けて、過去5年間で約30 [...]

» 続きを読む

【イギリス】マークス&スペンサー「プランA報告書 2016」、新たに22項目達成

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは6月9日、同社のサステナビリティ報告書である「2016 Plan A Report」を発表。2015年までの達成状況を明らかにした。マークス&スペンサーは1884年創業の老舗小売チェーン。ロンドン証券取引所にも上場しており、イギリスの代表的な株式指数であるFTSE100の採用銘柄にもなっている。同社は2007年に、長期的サステナビリティ戦略「プランA」を掲げ、先進的な取り組みを実施していることでも有名 [...]

» 続きを読む

【国際】エシスフィア、2015年「世界で最も倫理的な企業」を公表

Facebook Twitter Google+

 倫理的なビジネス慣行を推進するエシスフィア・インスティテュートは3月9日、2015 World’s Most Ethical Companies(2015年の世界で最も倫理的な企業)を発表した。今年のリストには5大陸、21カ国、50以上の業界から132の企業が名を連ねた。  世界で最も倫理的な企業は、透明性、誠実さ、倫理、コンプライアンスにおいて優れた慣行を実践している企業を表彰するもので、受賞企業は高いビジネス倫理に基づいて業界を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る