【マリ】アフリカ開発銀行、マリにおける再生可能エネルギー投資を拡大

Facebook Twitter Google+

アフリカ開発銀行が運営する信託ファンド、SEFA(Sustainable Energy Fund for Africa:アフリカ・サステナブル・エネルギー・ファンド)は8月11日、マリにおける再生可能エネルギー推進プロジェクト(PAPERMプロジェクト)への共同出資として53万USドルの補助金を出すことを承認した。民間セクターが再生可能エネルギーに投資しやすい環境を整えることが目的だ。 今後、SEFAは再生可能エネルギープロジェクトの開発、融資、運営に関わる人々へのキャパシティ・ビルディングだけでなく、政策や法規制、制度的な枠組みの構築も支援していく。 SEFAの資金は総額およそ260万USドルにおよぶマリのSREP(Scaling-Up Renewable Energy Program:再生可能エネルギー拡大プログラム)の一環であるPAPERMプロジェクトの一部から拠出されており、SREPからも150万USドル、マリ政府からも40万USドル出資されている。 PAPERMプロジェクトは大きく下記3つから構成される。 再生可能エネルギー投資の促進に向けて政策、法規制、制度の改善を行う 再生可能エネルギーのためのキャパシティ・ビルディング、ナレッジ・マネジメント、アドボカシーに重点的に取り組む SREPのもと、モニタリング、評価プロセス、プログラマティック・アプローチを強化し、SREPとマリのエネルギー省が執行機関となり、3年以内のプロジェクト完了を目指す 国内における電力普及率が約30%しかないマリにおいて、再生可能エネルギー開発の必要性はかつてないほど高まっている。アフリカ開発銀行でエネルギー・環境・気候変動対策部長を務めるAlex Rugamba氏は「マリは政策、法律、規制枠組みの全てを改善しなければならない。その中で再生可能エネルギーは火力発電への依存を軽減し、効率的に電気料金を下げるための実行可能な選択肢となるだろう」と語る。 また、プロジェクトの過程ではアフリカ開発銀行がマリのエネルギー省のプロジェクト準備、実行を支援し、再生可能エネルギーの投資規模拡大に向けて更なる資金供給を行う予定だ。また、同行はSREPプログラムの一環としてミニ水力発電プロジェクトと太陽光の独立発電事業プロジェクトの開発にも関与している。 【企業サイト】アフリカ開発銀行 【企業サイト】Sustainable Energy Fund for Africa

» 続きを読む

【アフリカ】NOTS Impact Enterprises、アフリカのオフグリッド・ソリューションを拡大へ

Facebook Twitter Google+

アフリカにはまだ送電系統が行き届いていない地域が多く存在する。こうした地域に再生可能エネルギーを活用した革新的なオフグリッド・ソリューションを提供しているのが、NOTS Impact Enterprises(以下、NOTS)社だ。オフグリッドとは送電系統とつながっていない自給型電力システムのことで、太陽光エネルギーなどを活用して発電する。 NOTSはマッキンゼー・アンド・カンパニー出身の起業家、Bart Hartman氏が2003年に設立した企業で、現在はアフリカで再生可能エネルギーを中心にインクルーシブ・ビジネスを展開している。インクルーシブ・ビジネスとは、開発途上国に暮らすBOP層の人々を、消費者や生産者、従業員、サプライヤーなどとして事業のバリューチェーンに取り込み(インクルードし)ながら、コミュニティ開発とビジネスが両立する形で進めていくビジネスの形態を指す。 同社は6月23日、企業のインクルーシブ・ビジネス・モデルの開発を支援しているグローバルイニシアティブ、Business Call to Action(以下、BCtA)への参加を発表した。NOTSはアフリカのオフグリッドエリアにおける照明の確保と木炭製造を2025年までに持続可能なものとすることを目指して既にマリとルワンダで活動を始めているが、今後はBCtAの会員としてサハラ以南の地域にもその活動を広げていく予定だ。 アフリカの僻地エリアにも電力を供給するという壮大な目標にチャレンジするために同社が提供しているのは、「Blue Power」と「Blue Charcoal」という2つの革新的なソリューションだ。「Blue Power」は太陽光を活用したソーラーランプで、2011年に、最初にオフィスが開設されたマリから販売が始まった。また、「Blue Charcoal」はADAM resortという高効率で持続可能なオーブンを利用して製造される木炭で、Blue Powerの販売開始後すぐに、地元コミュニティの協力のもと、製造がスタートした。 NOTSは2014年の初めには同社の2つ目となるオフィスをルワンダに開設しており、現在までに既に同国内においてソーラーランプおよびサステナブルな木炭を提供する最大手企業へと成長している。2016年までにアフリカ大陸においてBlue Powerを20万個、Blue Charcoalを1500パッケージ販売することを目指している。 BCtAで活動プログラムマネジャーを務めるSahba Sobhani氏は、「NOTSのような企業がBCtAに参画してくれることはとても重要だ。特に彼らのユニークなビジョンやアプローチは、今まで手が届かなかった地域に対して持続可能かつリーズナブルなエネルギーへのアクセスを提供することになる」と語り、同社の事業を高く評価する。 また、NOTSの創設者、Bart Hartman氏は「NOTSはBOP層の人々が最も必要とするエネルギーへのアクセスを提供することを目標としており、人々の生活に変化をもたらし、環境を改善し、さらに投資家を魅了する商品を提供することにコミットしている」と語る。 同社は現在までに40万人近くの人々の生活を改善させると同時に、30トン以上の炭素排出削減にも成功しているが、今後も、政府やNGO、民間企業との協力を強化しながら他の地域においてもBOPビジネスを展開していく予定だ。ぜひ今後の動きに期待したい。 【企業サイト】NOTS Impact Enterprises 【参考サイト】Business Call to Action

» 続きを読む
ページ上部へ戻る