【EU】欧州化学機関ECHA、2020年までに化粧品・洗剤・農業肥料でのマイクロプラスチック禁止方針発表

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)は1月18日、化粧品、洗剤、農業肥料へのマイクロプラスチック使用を2020年までに禁止する規制する方針を発表した。海洋プラスチック対策のため。医薬品や塗料については禁止対象から除外する。ECHAは、2019年中のEU法制化を目指す。    欧州委員会は、毎年7万から20万tのマイクロプラスチック汚染が発生していると試算しており、EUが進める包括的なプラスチック対策戦略の一環として、ECH [...]

» 続きを読む

【アメリカ】党派不問で81%の国民が海洋プラスチック問題に懸念。環境NGO調査

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOのEndowment for Clean Oceansは8月29日、米国民1,200人を対象としたインターネット調査の結果、党派に関係なく、80%を超える米国民が海洋プラスチック問題に大きな関心があることがわかったと発表した。  今回の調査は、リサーチ会社Zogby Analyticsが受託実施。米国政府は現在、51兆個のマイクロプラスチックが海洋に存在していると推定しており、一般的に受け入れられている数値でも5兆個と言 [...]

» 続きを読む

【国際】150以上の企業・NGO、酸化型生分解性プラスチックの廃止を求める共同宣言発表

Facebook Twitter Google+

 英エレン・マッカーサー財団が主導する「ニュー・プラスチック・エコノミー」は11月5日、酸化型生分解性プラスチックの廃止を求める共同宣言「Oxo statement」を発表した。欧米大手企業やNGOを中心にすでに150以上が共同宣言に署名した。「ニュー・プラスチック・エコノミー」は、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の考え方に従い、企業、政府、NGO、学者、市民が一体となってプラスチック容器を循環可能なものにしていく取組を推進してい [...]

» 続きを読む

【イギリス】英国政府、プラスチック粒子「マイクロビーズ」の使用禁止政策を発表

Facebook Twitter Google+

 イギリス政府は9月3日、化粧品やボディケア用品などへのプラスチック微粒子「マイクロビーズ」の使用を2017年末までの間に禁止する政策を発表した。レッドサム環境・食糧・農村地域大臣は今年中に政策の具体策の検討を開始するとしている。マイクロビーズは、化粧品、歯磨粉、角質除去用の洗顔料など日用品に含まれている。英国環境委員会の報告によると、非常に小さな微粒子のため自然の生態系に入り込みやすく、食物連鎖によって生体濃縮され、すでに280種以 [...]

» 続きを読む

【国際】海洋プラスチック廃棄物が生態系と人類に深刻な被害。UNEP報告書

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は5月23日、同日から27日にかけてケニヤのナイロビで開催された「第2回国連環境総会」(UNEA-2)に先駆け、海洋プラスチック廃棄物の脅威に関する報告書「Marine plastic debris and microplastics」を発表した。プラスチックや微細プラスチック(マイクロプラスチック)が海洋生態系に深刻な被害を与えていると訴えた。  プラスチックの生産量と廃棄量は毎年継続的に増加しており、その [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る