【日本】第一生命、インパクト投資を開始。2社に計14億円出資。マイクロファイナンスと気候変動

Facebook Twitter Google+

 第一生命保険は10月23日、財務リターンと、社会インパクトや環境インパクトの双方を追求する「インパクト投資」を開始すると発表した。インパクト投資は世界的にESG投資の一つとして認識されている。  今回、第一生命保険が発表したインパクト投資は2件。まず第一号案件として、発展途上国でマイクロファイナンス事業等を展開する国内ベンチャー企業の五常・アンド・カンパニーに対し4億円を出資する。五常・アンド・カンパニーは2014年創業。現在の資本 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンク・オブ・アメリカ、Kivaの女性起業家支援基金に資金提供

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手バンク・オブ・アメリカは11月3日、社会貢献分野のクラウドファンディング世界最大手Kivaと米国国務省が今年2月に共同で設立した女性起業家支援のための基金「Women's Entrepreneurship Fund」に、25万米ドル(約3,000万円)を出資することを明らかにした。この基金は、世界の女性起業家100万人を支援することを目標に掲げており、今回バンク・オブ・アメリカが25万米ドルを出資したことで、基金の総額は [...]

» 続きを読む

【ベトナム】世界銀行、ベトナムで43,000世帯以上の持続可能な植林を支援

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は3月27日、同行の展開するForest Sector Development Project(森林セクター開発事業)により2005年から2015年までの10年間でベトナムに住む43,000世帯以上がマイクロファイナンスによる金銭的支援を受け、76,500ヘクタールの植林地の創出に成功したと発表した。  同事業はベトナムの6地域で行われ、土地の調査および35,000世帯に対する土地利用権の保証書発行のための資金を提供し、地域 [...]

» 続きを読む

【中南米】米州開発銀行、ラテンアメリカ・カリブ海地域のBOP層向け住宅ビジネスに関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

IDB(Inter-American Development Bank:米州開発銀行)は6月25日、ラテンアメリカ・カリブ海(Latin America and the Caribbean、以下LAC)地域に住むBOP(Base of the Pyramid)層の住宅課題を解決する様々な新しいビジネスモデルについて分析した研究報告書「Many Paths to a Home: Emerging Business Models for [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る