【イギリス】ガーディアンとベン&ジェリーズ、ユーモアで気候変動問題を啓蒙するキャンペーンを展開

Facebook Twitter Google+

 英ガーディアン紙が、今年12月のパリ気候変動会議に向けて気候変動の問題を広く人々に認知するべく、ユニークな試みを始めている。それは、「ユーモア」で気候変動へ興味を持つきっかけを作り出し、議論や行動を促すというものだ。  "Too Hot to Handle"と名付けられた同キャンペーンはアイスクリームブランドのベン&ジェリーズ社との協働で進められており、人々に「気候変動という暗い話題を明るく見てもらう」ことを目指している。ガーディア [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ベン&ジェリーズ、自社のCO2排出に対して自主的に炭素税を導入

Facebook Twitter Google+

 環境・社会に配慮した事業展開を行うBコーポレーションとしても知られる米アイスクリームメーカーのベン&ジェリーズが、また新たにユニークな取り組みを始めている。ベン&ジェリーズは5月12日、自社製品の製造・販売工程において生じるCO2に対し、その排出量に応じて自社に対して自主的に課税を行うと公式ウェブサイト上で発表した。  同社は気候変動を「個人から企業、そして国家にいたるまで我々が解決すべき最も大きな問題」としており、その問題解決策の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ターゲット、サステナブル商品の販売で売上拡大

Facebook Twitter Google+

 米小売大手のターゲット社が、サステナブルな商品の販売で大きく売上を伸ばしている。同社がオーガニックでサステナブルなブランドの商品だけを選りすぐった"Made to Matter"という商品シリーズが、その品質の高さや健康面への配慮、手頃な価格などを理由に、2014年の販売開始から人気を博しているのだ。  同社は先月、"Made to Matter"シリーズの商品数を約2倍の200以上に増やし、魅力的な商品ラインナップを揃えたと発表し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る