【中南米】ラテンアメリカCEOの80%がサステナビリティの重要性を認識。PwC調査

Facebook Twitter Google+

ラテンアメリカのCEOの80%が、サステナビリティを自社の事業に関連する、もしくは優先するべき事項だと考えていることが分かった。 この調査結果はアカウンティングファーム大手のPwC(プライスウォーターハウスクーパース)とWBCSD(持続可能な開発のための経済人会議)らが協働で、ラテンアメリカの企業のCEOに対して実施した調査結果、”Latin American CEO survey on sustainable development [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る