【国際】OECD、東南アジアはより持続可能な成長モデルに変化するべきと指摘

Facebook Twitter Google+

OECDは11月11日、インドネシアのジョグジャカルタで開催されたAsia Low Emission Development Strategies Forumの中で、天然資源に過剰に依存しながら成長を続ける東南アジアに対して警鐘を鳴らすレポートを発表した。 “Towards Green Growth in Southeast Asia”と題したこのレポートは、石油や天然ガス、鉱物、木材などの天然資源に過度に依存しながら急速な経済発展を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る