【国際】フェアトレード推進国際組織、2017年の認証製品の世界販売額が8%増加し1兆円に

Facebook Twitter Google+

 フェアトレード推進国際組織フェアトレード(FLO)インターナショナルは10月17日、2017年のフェアトレード認証製品の世界全体販売額を発表した。2016年から約8%増加し85億万ユーロ(約1兆円)となった。また生産農家は、生産改善のため商品売上に加えて1億7,800万ユーロ(約227億円)受け取った。  フェアトレード認証団体が、2017年を通して商品を買い付けた農家は世界75ヶ国160万人。生産農家の1年間の所得向上では、カカオ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フェアトレードUSAと養殖認証ASC、水産事業者の所得向上に向け新プログラム展開で協働

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード認証機関フェアトレードUSAと国際養殖漁業NGOの水産養殖管理協議会(ASC)は10月9日、ASC認証を取得した水産事業者にフェアトレードUSAの認証基準をさらに追加遵守させるパイロットプログラムを実施する覚書を交わしたと発表した。ASCがフェアトレードUSAの認証基準を追加した新たなプログラム「Improver Programme」を展開する。  フェアトレードは従来、農家の所得向上を目指す認証としてスタートしたが [...]

» 続きを読む

【国際】フェアトレード推進国際組織、「フェアートレード」の定義固めた国際フェアトレード憲章制定

Facebook Twitter Google+

 フェアトレード推進国際組織フェアトレード(FLO)インターナショナルと世界フェアトレード機関(WFTO)は9月25日、世界250以上の機関がフェアトレードの共通定義となる規程「国際フェアトレード憲章(International Fair Trade Charter)」を制定したと発表した。フェアトレードについては、倫理的な調達や、生産農家に対して正当対価を支払う調達等と言われてきたが、共通の定義がこれまでなかった。  同憲章は、フェ [...]

» 続きを読む

【コートジボワール】フェアトレードUSAと仏PUR Projet、農家のカカオ生産改善・森林保護で連携

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード認証NGOフェアトレードUSAと仏ファアトレード推進企業PUR Projetは3月7日、コートジボワールでのフェアトレード農林業新興でパートナーシップを締結した。カカオ生産により森林の85%が消失した同国で、現地コミュニティ主導での持続可能なカカオ生産を推進する。コートジボワールは世界のカカオ生産の39%を占める。  両者の連携プロジェクトでは、森林保護区でのカカオ生産を防止するため研修や監視活動を展開。プロジェクト [...]

» 続きを読む

【国際】フェアトレード・インターナショナル、欧州とアジアで新たなプロジェクト発足

Facebook Twitter Google+

 フェアトレード国際団体フェアトレード(FLO)インターナショナルは1月12日、フェアトレードを推進するため、欧州とアジアで2つのプロジェクトを新たに発足した。  フェアトレード・インターナショナルは、世界各地のフェアトレード機関の連携組織として1997年に設立。本部はドイツ。ボン。フェアトレード・ラベルを管理する機関は現在、欧州18ヶ国、米国、カナダ、日本、韓国、台湾、香港、フィリピン、インド、オーストラリア、ニュージランド、ブラジ [...]

» 続きを読む

【イギリス】フェアトレード財団、持続可能なサプライチェーンと競争法の関係についてガイドライン策定を要望

Facebook Twitter Google+

 英フェアトレード財団は11月23日、独占禁止法(競争法)違反の恐れが、企業が持続可能なサプライチェーン構築に向け競合企業と協働するアクションを阻害しているとするレポート「Through Business Collaboration – Exploring The Implications of Competition Law」を公表した。英政府と当局である競争・市場庁(CMA)に対し、安心して競合企業との連携を進めるためのガイドライ [...]

» 続きを読む

【イギリス】ウェイトローズ、PB商品の茶葉100%をフェアトレード認証に切替

Facebook Twitter Google+

 英国小売大手ウェイトローズは7月10日、2017年10月までにPB商品の茶葉を100%フェアトレード認証に切り替えると発表した。同社は現在、46種類の茶葉を取り扱っており、そのうち43種類はすでにフェアトレード認証を取得。未取得だったアールグレイ紅茶など3種類もフェアトレード認証を取得する。同社の紅茶産地は中国が多く、中国の茶園農家改善を目指す。  フェアトレード認証は、原料を供給する農家が、労働環境、公平取引、構成な利益分配を受け [...]

» 続きを読む

【ドイツ】フェアトレードラベルは消費者の支払意思を高め、味覚にも好影響

Facebook Twitter Google+

 ドイツのボン大学が、フェアトレードラベルの表示が消費者の支払意思と味覚にもたらす影響に関する興味深い研究結果を公表している。オンライン科学ジャーナルのFrontiersが9月8日に掲載した記事によると、ボン大学の最新の研究により、フェアトレード表示は消費者の支払意思を高め、味覚にも好影響を及ぼす作用があることが分かったという。  ボン大学は従来の研究によりオーガニック商品のエンブレムは消費者の支払意思額(Willingness to [...]

» 続きを読む

【アメリカ】高まるフェアトレード製品への需要、輸入26%増。

Facebook Twitter Google+

 米国のフェアトレード認証機関、フェアトレードUSAは8月19日、2014年における米国のフェアトレード認証済製品の輸入は26%増加したと発表した。牽引したのは野菜や果物などで、農場労働者と小規模生産者に分配されるプレミアム(Community Development Premiums)は合計550万米ドルに達した。フェアトレードUSAは、この成長は消費者と小売業者双方からのフェアトレード製品に対する需要の高まりを反映したものだとして [...]

» 続きを読む

private 【食品・消費財】組織変革に寄与するサステナビリティ 〜ユニリーバに学ぶ長期成長戦略とは〜

Facebook Twitter Google+

 オランダのマーガリンメーカーのマーガリン・ユニ社とイギリスの石鹸メーカーのリーバ・ブラザーズ社が経営統合し、設立されたユニリーバ社。現在は業界だけでなく世界を代表する企業の一社となるまで成長し、ブランド力はもちろんのこと、サステナビリティの観点でも世界をリードする企業となっています。今回はそんな同社がサステナビリティ活動を核とした経営の実施にいたった背景や、実際の活動内容、そしてその効果に迫ります。 サステナビリティに仇なす存在と考 [...]

» 続きを読む
2015/07/29 事例を見る
ページ上部へ戻る