【アメリカ】2014年度のヒスパニック・インクルージョン指数が公表

Facebook Twitter Google+

ヒスパニック市場が急拡大している米国では、市場ニーズに対応するために企業によるヒスパニック系人材の受け入れ、登用が進んでいる。 米国のヒスパニック系擁護団体The Hispanic Association on Corporate Responsibility(HACR)は12月4日、2014年度のHACR Corporate Inclusion Index(HACR CII)を発表した。 HACR CIIはFortune100の大企業やHACR会員企業の経営陣や社員におけるヒスパニックの割合や役割などを調査するものだ。2014年度の調査では対象企業の25%以上が2013年と比較して数値を改善しており、各企業でダイバーシティの推進とヒスパニックの受け入れが進んでいることが分かった。 2009年以降、HACR CIIは雇用、調達、慈善活動、ガバナンスの4分野に焦点をあて、米国企業におけるヒスパニックの受け入れ状況を調査してきた。現在ヒスパニックは米国で最も急成長している消費者層であり、その経済的貢献に見合う割合まで米国企業のヒスパニック受け入れを進めるのがHACRのミッションだ。 今回の調査から明らかになったことは以下の通りだ。 米国企業において、ヒスパニック系従業員は平均して約14%を占めている。 ヒスパニックは依然として管理職層以外に多い傾向にある。 米国の企業のヒスパニック企業からの調達割合は約1%である。 2014年の対象企業が慈善活動に投じた平均寄付金額は81,634,125ドルだったのに対し、そのうちヒスパニック系団体、コミュニティへの平均寄付額は5,195,119ドルにしか達していない。 対象企業の経営陣におけるヒスパニックの割合は6%超であり、これはFortune500の平均よりも高いものの、依然として低い状況にある HACR Research Instituteのディレクターを務めるLisette Garcia氏は「HACRの役員陣を代表して、我々は今年の全てのHACR CII対象企業のヒスパニック受入れに対するコミットメントを祝福している。これらの未来志向の企業は、自社の課題を特定するために、データや分析を用いることの重要性を理解しており、それが変革に向けた戦略的な計画を構築し、かつてないほど多様に変化している市場の需要に応えていくうえでの手助けとなっている」と語った。 米国国内においてヒスパニックの消費者市場が急拡大している今、この新たな市場で成功するためには、積極的に社内にヒスパニック人材を受け入れ、市場のニーズに合った製品やサービスを提供する体制を構築できるかどうかが鍵を握る。ヒスパニック・インクルージョンは米国企業にとって重要な成長戦略の一つとして位置づけられつつある。 HACRの2014年度インデックスは下記から確認可能。 【団体サイト】The Hispanic Association on Corporate Responsibility

» 続きを読む

【アメリカ】クライスラー、「ヒスパニック女性が働くべき会社」に選出

Facebook Twitter Google+

自動車大手のChrysler Group LLC(以下、クライスラー)は8月27日、ヒスパニック女性向け雑誌のLatina Style誌が毎年発行しているLatina Style Top 50 Reportのランキングにおいて、米国内800社の中から「ヒスパニック女性が働くべき会社」トップ12に選出されたと発表した。1998年に同ランキングが開始されて以降、クライスラーが選出されるのでは今年で11度目となる。 Latina Style Top 50 Reportは、Latina Style誌が米国労働省や米国雇用機会均等委員会、ヒスパニック系団体とともに開発したランキングだ。毎年フォーチュン1,000社に調査票を送り、リーダーシッププログラムや福利厚生、ラテン系女性の管理職比率などを指標として、雇用のダイバーシティ、機会均等に向けて献身的に努力している企業を選出している。ランキングの中には退役軍人や軍人の雇用プログラムを持つ企業なども含まれている。 今回の選出にあたり、クライスラーで人材採用・ダイバーシティ担当役員を務めるGeorgette Borrego Dulworth氏は「ダイバーシティ及びインクルージョンはクライスラーグループの経営戦略の中核をなしている。この変化と競争の激しい業界において、それらは、イノベーションと競争力を生むワークフォースを作り上げるという我々の努力に欠かせないものだ。」とダイバーシティ推進のメリットを語った。 同ランキングへの選出は、ラテン系女性の雇用に取り組む米国企業にとって最も名誉ある評価だと考えられている。 【企業サイト】Chrysler Group LLC 【企業サイト】Latina Style Magazine

» 続きを読む

【アメリカ】ホテル世界大手Wyndham Worldwide、ヒスパニック系団体からダイバシティー企業として表彰

Facebook Twitter Google+

ホテル業界世界大手のWyndham Worldwide社は、ヒスパニック企業責任協会(HACR)からヒスパニック系市民に対するダイバーシティーに貢献する企業として表彰された。同社が同賞を受賞するのは昨年に続き2回目。HACRは、毎年独自の企業包接性指数というものを用いてヒスパニック系に対するダイバーシティーを測定、評価している。対象項目は、雇用、調達、寄付、ガバナンス等多岐にわたり、ヒスパニック系社会に対して企業がどれだけ貢献しているかを定量的に算出している。その定量スコアが高い企業が、今回のWyndham Worldwideのように表彰されている。Wyndham Worldwide社自身は、ヒスパニック系からの点稼ぎに走っているわけではない。ホスピタリティ産業の雄として、LGBT(ゲイ・レズビアンなど)や女性コミュニティからも事業姿勢を高く評価されている。同時に表彰された個人部門賞でもWyndham Worldwide社の社員が選ばれており、HACRの他の加盟企業に対してアドバイザーとしての役割を務めている。【企業サイト】Wyndham Worldwide

» 続きを読む

【アメリカ】アメリカ経済へのヒスパニックの影響力はどのくらい?

Facebook Twitter Google+

アメリカでヒスパニック系支援で大きな影響力を持つ団体Hispanic Association on Corporate Responsibility(HACR)は、「2013年のコーポレート・ガバナンス研究(Corporate Governance Study)」と題してレポートを発表した。その中で、過去20年の間、『フォーチュン500』企業において、ヒスパニックの役員はほとんど増加していないということを明らかにした。 Fortune500の5,511の役員ポストのうちラテン系が占めるのは僅か37 Fortune500でヒスパニック系役員の占める割合はわずか3% Fortune500のうちの350社にはヒスパニック系の役員がいない Fortune500のうちヒスパック系のCEOはわずか10人 Fortune500で2人以上のヒスパニック役員がいる会社は4% ダイバーシティ(多様性)の議論には、性別、LGBT、民族など幅広いテーマがある。ダイバーシティと企業価値向上との因果関係については企業価値を向上させるという説、企業価値を低下させるという説、企業価値とは無関係という説などが以前アカデミックな世界でも飛び交っている。HACRは、人口比率に対して役員に占めるヒスパックに系の割合が少なすぎると主張しているが、その背景には教育、機会など幅広い要因が考えられる。HACRの主張を、割合が少ないことに対する不満とだけみず、役員が少なすぎるという結果をもたらしている社会構造への問題提起と捉えれば、納得がいく。 【協会サイト】Hispanic Association on Corporate Responsibility

» 続きを読む
2014/01/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る