【アフリカ】アフリカ開発銀行、気候変動適応金融支援プログラム承認。公的パラメトリック保険整備等

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行(AfDB)は10月29日、同機関初となる気候変動リスクマジメント・プログラム「Africa Disaster Risks Financing(ADRiFi)」を承認した。アフリカ各国政府が、国レベル及び地域レベルでの気候変動リスクと適応に必要なコストを評価できるよう支援し、必要なファイナンスを提供する。第1フェーズでは2019年から2023年までの期間とする。  今回のプログラムでは、気候変動への脆弱性が高い小規模農家の気候変動適応に主眼を置き、気候変動による悪影響やそれに伴う自然災害への保険等を検討していく。そのため、公的パラメトリッ的保険の整備に力を入れる。同プログラムにはすでに、ブルキナファソ、チャド、ガンビア、マダガスカル、マラウィ、マリ、モーリタニア、ニジェール、セネガルの9ヶ国政府が関心を示している。  パラメトリック保険は、事前に設定した一定条件を満たせば自動的に保険金が支払われる保険。アフリカ開発銀行は、事態が深刻になる前に保険金で救済することにより、事態発生後6ヶ月間にかかる費用を4.4分の1に抑えられると試算している。 【参照ページ】African Development Bank rolls out programme to boost climate risk financing and insurance for African countries

» 続きを読む

【フランス】アクサ、石炭関連企業ダイベストメントと損害保険サービス停止を発表。天候保険の提供も

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手フランスのアクサの運用子会社アクサ・インベストメント・マネジャーズは4月25日、今年6月30日に石炭関連事業が売上の50%以上を占める企業から投資引揚げ(ダイベストメント)を実施することを発表した。気候変動対応を進めるため、気候変動への悪影響が大きい石炭に対する投資を引き揚げる。但し、インデックス運用やファンド・オブ・ファンズ(FOFs)運用で投資している分はダイベストメントの対象外とする。  アクサ・インベストメント・マネージャーズは、ESG投資に積極的な運用会社の一つ。2008年にはクラスター爆弾など問題性の大きい武器関連企業について、2014年にはさらにパーム油やコモディティ関連企業に対する投資ポリシーを制定。今回の石炭関連企業からのダイベストメントもその一環。ダイベストメント対象の詳細定義は、石炭採掘が売上の50%以上を占める資源採掘企業と、石炭火力発電が売上の50%以上を占める発電事業者。親会社のアクサも、これらの企業に対し、投資引揚げ(ダイベストメント)だけでなく、「例外的な場合を除き」原則損害保険サービスの提供も停止する。同社は、これらの活動を、受益者の長期的利益を保護するための適切なスチュワードシップ行動を確保するためとしている。  さらにアクサは4月20日、気候変動対策の一つとして、再生可能エネルギー事業者向けの新たな保険を創設したことを発表した。再生可能エネルギーは、天候条件により発電量が大きく変動。同様に水力発電でも、豪雨や洪水により発電量が低下するリスクがある。今回アクサが発表したのは、これらのリスクをカバーする「パラメトリック保険」と呼ばれるタイプの保険。パラメトリック保険は、日射量、風速、降水量など気象変数(パラメータ)による発電量の低下量に対し、個別の環境に応じた一定の条件を設定。この条件を超える事態が発生すると、保険加入者に対して保険が支払われる。条件設定は、過去の天候情報と発電量情報の関連性をアクサの専門家が分析し、その都度判断するが、衛星画像を用いることで、世界中のあらゆる場所で利用可能になっている。  アクサはこの「パラメトリック保険」をガス・エネルギー企業にも適用していく考え。天候データと事業リスクを結びつけていくことで、冷夏や暖冬などエネルギー消費量が減少する際にガス・エネルギー企業が被る売上低下をカバーできるようにしていく。アクサは将来的には、パラメトリック保険をあらゆる事業の天候リスクに資するものにしていきたいと語っている。 【参照ページ】AXA Investment Managers divests from companies most exposed to coal 【参照ページ】AXA develops innovative parametric insurance for renewable energy producers

» 続きを読む
ページ上部へ戻る