【スイス】ネスプレッソ、サステナビリティ戦略に5億スイスフランを投資

Facebook Twitter Google+

ネスレグループのネスプレッソは8月27日、サステナビリティ戦略の更なる推進に向けて今後6年間で5億スイスフランを投資すると発表した。 「The Positive Cup(ポジティブ・カップ)」と名付けられた同社の戦略は、ネスレのCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)の概念をベースとし、過去5年間に渡りネスプレッソが積み上げてきた農家の生活向上やコーヒーの調達・消費における環境面のサステナビリティ推進への取り組みに基づいている。 ネスプレッソのCEOを務めるJean-Marc Duvoisin氏は、「我々のサステナビリティへの取り組みは、いつも単に環境への悪影響を最小化するだけにとどまらない。パートナーと共に革新的なプログラムを開発することで共通価値を創造し、バリューチェーン全体における全てのステークホルダーにポジティブ・インパクトを生み出すことをコミットしている。今回の5億スイスフランの投資も、我々のビジネスモデルの長期的な成功を確実にするために現在行っているサステナビリティ投資に基づくものだ」と語る。 ポジティブ・カップでは、6年後の2020年までのサステナビリティ目標が設定されており、コーヒー調達、社会福祉、アルミニウムの調達・使用・廃棄、そして気候変動へのレジリエンスに焦点が置かれている。具体的な目標は下記の通り。 1. 100%サステナブル調達によるコーヒー Nespresso AAA Sustainable Quality™ Program(以下、AAAプログラム)を通じ、「Grand Cru(グランクリュ:特級)」コーヒーを100%サステナブル調達 2003年からのRainforest Alliance(レインフォレスト・アライアンス)およびFairtrade(フェアトレード)とのパートナーシップを通じ、水資源管理、生物多様性、労働者の人権など、農家の高い認証基準の達成を支援 コロンビアの農家に向けた退職基金を通じて始まったAAAファーマーフューチャープログラムの拡大など、農家の生活向上に向けた革新的ソリューションの実現 コーヒーの100%をAAAプログラムを通じて調達するという目標を実現するためには、アフリカにおけるAAAプログラムの拡大が重要な意味を持つ。そのため、ネスプレッソは今後1500万スイスフランをケニアおよびエチオピアに投資するほか、南スーダンにおける高品質なコーヒー生産の再活性化も計画している。 2. 100%サステナブルなアルミニウム 使用済アルミニウムカプセルの回収率を100%まで高め、リサイクル率も向上 企業が回収したネスプレッソカプセルを新しいカプセルにリサイクル 全てのカプセルは100%、Aluminium Stewardship Initiative standard(アルミニウム・スチュワードシップ・イニシアチブ基準)を遵守したアルミニウム素材を使用 3. 100%カーボンインセット カーボンフットプリントを更に10%削減 100%カーボンニュートラルを目指す ネスプレッソはAAAコーヒーの生産エリアで1千万本の植樹を実施し、農場の気候変動に対するレジリエンス向上に取り組んでいる。このように自社が排出するカーボンフットプリントを自社のバリューチェーン内で相殺する取り組みはインセットと呼ばれる。 なお、今回新たに投資される5億スイスフランの一部は、新たなサステナブル・デベロップメント・ファンドの創設に使用される予定だ。 【企業サイト】Nestlé Nespresso SA (※写真提供:Rob d / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、サプライチェーンにおけるアニマルウェルフェアへの取り組みを強化

Facebook Twitter Google+

世界最大手食品・飲料メーカーのネスレは8月21日、動物保護に取り組む国際NGOのWorld Animal Protectionとのパートナーシップ合意に署名し、同社のサプライチェーンにおけるアニマルウェルフェア(動物福祉)への取り組みを強化することを発表した。 今回の合意により、ネスレはアニマルウェルフェアを推進するNGOとの国際的パートナーシップを締結した初めての大手食品会社となり、今後は同社が仕入れる乳製品、肉類、卵などを供給する農場は全てアニマルウェルフェアの厳しい基準を満たさなくてはならなくなる。 World Animal Protectionは過去50年以上に渡って政府や地域コミュニティ、国際機関らと協力しながらアニマルウェルフェアの向上に尽力してきた国際NGOだ。同NGOの最高責任者を務めるMike Baker氏は「アニマルウェルフェアに対するネスレのコミットメントが明確であること、またこの合意が世界中で飼育されている数百万の家畜に持続的な変化をもたらしてくれることから、ネスレとの協力を決めた」と語る。 現在、ネスレ向けに牛乳、肉、卵など動物由来の製品を直接供給しているサプライヤーは約7,300存在しており、それらのサプライヤーらも他のサプライヤーから商品を購入している。従って、ネスレの"Responsible Sourcing Guideline"(責任調達ガイドライン)は、全世界の数十万という農家に適用されることになる。 ネスレで責任調達の責任者を務めるBenjamin Ware氏は「我々は消費者がアニマルウェルフェアに関心を持っていることを理解しており、当社のグローバルサプライチェーンにおいて可能な限り高いレベルでアニマルウェルフェアを確保することにコミットしている」と述べた。 ネスレのアニマルウェルフェアに関する取り組みとしては、家畜が正常に動ける十分な飼育スペースを確保することや、牛の角を切除し互いに傷付けるのを防ぐなど、獣医学診療を活用して家畜の苦痛を最小限に抑える活動などが行われている。 また、ネスレはサプライヤー農家らがアニマルウェルフェアの基準を満たしているかの監査をSGSに依頼しており、2014年には世界規模で数百の農家を対象に監査が行われ、中には事前通知無しでWorld Animal Protection関係者の立ち合いのもと行われたものもあったという。基準を満たさない農家があった場合、ネスレは農家と共同で改善策を講じ、それでも基準を満たすことができない場合や農家が改善の努力を見せない場合にはネスレへの商品供給が停止されることになる。 今回の合意には人権、安全衛生、環境問題にも関連したコミットメントも含まれており、その中には、肉類、卵、乳製品などネスレ商品の40%を占める主力製品について、来年末までに完全に追跡可能にするという目標も掲げられている。 【企業サイト】Nestlé 【団体サイト】World Animal Protection

» 続きを読む

【ベトナム】コーヒー農家の支援を通じてベトナムの水問題解決を目指すネスレ

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、ネスレが SDC(Swiss Agency of Development and Cooperation)らと共同で実施した、ベトナムにおけるコーヒー豆生産に関する研究とその成果に関する動画だ。ネスレは現在ベトナムで農家支援プログラムを展開しており、技術支援や生産性向上トレーニングなどを通じて現在12,000以上のコーヒー農家を支援している。 ベトナムは世界最大のロブスタコーヒー豆の輸出国であり、輸出総額は年間10億USドルを超え、ネスレにとっての最大の調達国でもある。ロブスタ種は日本でも最も流通しているコーヒー豆の品種だ。ベトナムのコーヒー産業は雇用の増加に貢献しており、国内最大の産地となっているベトナム中央の高地に位置するDak Lak 地方もその恩恵を受けている。 しかし、それと同時にいくつかの課題にも直面している。その中でも最も懸念されているのが、過度な灌漑による水資源の酷使だ。ベトナムの高地では水資源の96.3%が農業用水として使用されており、その中でも30%以上をコーヒー農家が占めている。そのため、水不足はコーヒー豆を栽培している地域で特に深刻な問題になっているのだ。 Dak Lakでは地下水の水位の低下に加え、乾季には地下水がひどく枯渇し給水制限が実施されるなど、家庭にも悪影響を及ぼしている。 また、 ベトナムでは過去50年間で平均気温が0.7度も上昇している。Dak Lakに40年以上住んでいるある農家は、「昔は温暖な天候に恵まれて、豊作だったが、近年は不安定な風雨や長い干ばつが農家に大きな損失を与えている」と語る。 さらに、Dak Lakの全ての地下水資源のうち71%は既に開発されていると予想されており、現在急激に経済成長しているベトナムだが、水資源の酷使と気候変動による農業への損害のため、将来が不安視されている。 ベトナムのロブスタコーヒーは他のコーヒー生産国とは違い、1月から4月までの間に3回灌漑が行われる。従来、コーヒー農家は「水を多く撒けば収穫量も増える」という考え方から、各植木につき1回に1,000リットルもの水を撒いていた。 しかし、今回ネスレと共同でプロジェクトを実施したWASI(Western Highlands of Agriculture and Forestry Science Institute)、IWMI(International Water Management Institute:国際水管理研究所)、持続可能なコーヒー専門のコンサルティング会社EDE(Epping Consulting)らの研究により、各植木につき1回に400リットルの水さえあれば、少なくとも同程度の生産量が見込めることが判明した。 もし、全てのコーヒー農家が従来の1,000リットルではなく400リットルの水を撒くことにすれば、50%もの真水を節約できると予想されている。これにより水不足が解消されるだけではなく、飲用水の確保、そして環境保護にも貢献する。また、エネルギーコストと人件費も削減することができる。 ベトナムでは現在、コーヒー栽培の発展のため、この新しい灌漑法を基にした持続的なコーヒー栽培法を導入しており、官民共同でコーヒー農家の灌漑慣行改善に取り組んでいる。現在のところ、初期の成果はとても良好とのことだ。 ネスレにとって、コーヒー豆の持続可能な調達は自社の事業を大きく左右する重要な問題だ。 そして、コーヒー豆の持続可能な調達を実現するためには、サプライヤーの持続可能な農業慣行と水利用が鍵を握る。 実際にネスレが掲げるCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)においても「水資源」「農業・地域開発」は「栄養」と並んで三大注力分野に指定されている。 水資源については、農家などのサプライヤーと協力して「ネスレ持続可能な農業イニシアチブ(SAIN)」を展開しており、2012年にはベトナム以外にもオーストラリアや中国、インドなどで水の利用効率を上げるためのプロジェクトを実行している。 また、現在ネスレの製品に使用されている原料の生産を直接契約している農家は約69万軒あり、工場の73%は農村部に立地しているため、同社は農業・地域開発についても積極的に取り組んでおり、地域開発のマネジメントから財政面の支援、人権の尊重、責任調達にいたるまで取り組みは幅広い。 今回ご紹介したベトナムのコーヒー農家における灌漑慣行の改善プロジェクトもその中の好事例の一つだが、自社のバリューチェーンを通じて社会課題の解決に取り組んでいる同社の姿勢から学べる点はとても多い。 【企業サイト】ネスレ

» 続きを読む
2014/07/25 最新ニュース

【アメリカ】ネスレ、米国内のサステナビリティ活動をまとめたCSVレポートを発表

Facebook Twitter Google+

ネスレは6月30日、米国内で展開するグループ7社のCreating Shared Value(CSV)レポートを発表した。同レポートではネスレのグローバルにおけるサステナビリティ基準とコミットメントに関連する形で作成されているが、米国内に特化した進捗・達成状況を報告するレポートとしては今回が初となる。 ネスレは米国の家庭の97%に商品を提供する世界最大の食品・飲料メーカーとして、世界の栄養と健康を推進し、より持続可能な未来を作り出すことを使命に掲げている。今回の報告書では同社の米国内におけるグローバル・コミットメントに対する最新の進捗状況に加えて同社のこれまでの栄養・社会・環境における取り組みも紹介されている。 Nestlé USAのCEOを務めるPaul Grimwood氏は「ネスレが長期に渡り成功し続けるためには、我々は自社の事業のためだけではなく、消費者やそのペット、従業員、事業を展開する地域のコミュニティ、そして社会全体も含めて我々と関わる全ての人々のために価値を創造していかなければならない。」と語る。 今回の報告書では特に栄養、環境負荷、水の利用、社会的影響、地域開発、責任調達の領域におけるサステナビリティ目標の進捗状況が共有されている。詳細は以下の通り。 Nutrition, Health and Wellness(栄養と健康) ポーション・ガイダンス(1食分の摂取量表示):Dietary Guidelines for Americans(米国の食事ガイドライン)に合った栄養満点で手軽でおいしい食事のサポートのために新たなポーション・ガイダンスおよび教育キャンペーン、Balance Your Plateを展開 ナトリウムカット:Stouffer やDiGiornoなど多くの人気商品からナトリウムを削減。さらにNestlé Nutritional Foundationの基準にそぐわない製品のナトリウムを2016年までに10%カットする方針 糖分カット:現在、96%の子供用商品がNestlé Nutritional Foundationの糖分基準に準拠しているが、これを2014年中に100%にする トランス脂肪酸0へ:トランス脂肪酸を使った商品を2016年までに0にする Environmental Impact(環境への影響) 廃棄物削減:2010年と比較して製品1トンあたりの廃棄物を44%削減 責任あるパッケージ: Nestlé Waters North America が500mlボトルに含まれるプラスチックを1994年と比較して60%軽減。2003年以降、単体で15億kg以上のプラスチックを節約 責任ある調達:Nestlé Purina PetCareはNestléのグローバルなResponsible Sourcing Guidelines(責任調達ガイドライン)に従い、シーフードにおける責任調達ガイドラインを施行。また2013年には調達するパーム油のRoundtable on Sustainable Palm Oil(RSPO)認証を100%達成 Social Impact in 2013(社会への影響) 地元コミュニティ支援:地元のUnited Way organizationに230万ドル以上を寄付 災害対策: Nestlé Waterは685,000本の水ペットボトルを、Nestlé Purinaは2,700kg以上のペットフードおよび1,850kg以上の敷き藁を全米のシェルターに寄付 サプライヤーのダイバーシティ:女性・シニアなど 4,100以上のマイノリティ中心の企業と提携 現在ネスレは米国47州で120以上の事業所を展開し、51,000人以上の従業員を雇用している。米国市場はネスレにとって最大の市場であり、2013年の米国における合計売上は250億ドル以上にも及ぶ。 米国においては特に肥満や栄養など食に関わる健康問題が重要な社会課題の一つとなっており、同社の米国市場における社会的責任および影響力は決して少なくない。今回のCSVレポート発行を皮切りに、ぜひ今後の同社の米国におけるCSVの取り組みにも注目していきたいところだ。 尚、レポートの詳細は下記から確認可能だ。CEOコメント、ネスレのCSVについて、グローバルにおけるサステナビリティ進捗状況、マテリアリティマップ、各重点分野の進捗状況などが非常に分かりやすくまとめられているので、興味がある方はぜひ見て頂きたい。 【CSVレポート】Nestlé’s 2013 Creating Shared Value report 【企業サイト】Nestlé USA

» 続きを読む

【ガーナ】チョコレート産業のグローバル企業12社、サステナビリティ戦略「カカオ・アクション」を発表

Facebook Twitter Google+

The Hershey Company(ザ・ハーシー・カンパニー)やNestlé(ネスレ)、Mars(マーズ)など世界を代表するチョコレート産業に関わる企業12社は5月22日、ガーナのカカオ産業のサステナビリティ向上を目指して新たな計画を進めることについてガーナ政府と合意した。 「Cocoa Action(カカオ・アクション)」と呼ばれるこの計画は、カカオ産業に関わる企業とガーナ政府との更なる協力強化を通じて、カカオ産業をより活性化し、経済的にも持続可能な産業にすることを目指している。 今回の計画はカカオ農園の生産性向上とコミュニティの発展を結びつけることに重きが置かれており、2020年までに少なくともガーナにある10万以上のカカオ農園が、生産性を100%向上させ、コミュニティの質を改善することが期待されている。また、この取り組みはWCF(World Cocoa Foundation:世界カカオ財団)が中心となり推進される予定だ。 Marsのサステナビリティ部門の責任者であり、WCFの新会長に就任したBarry Parkin氏は、「今回の合意はカカオ産業を持続可能なものにする上でとても重要なステップとなる。目標の共有、資源利用に対するコミットメント、そしてベストプラクティスの共有により、カカオ農園の生産性を向上させ、カカオ産業の将来をより安定的なものにできる。また、この合意はカカオ産業界が原産国と協働する上での新たな道を示すだけではなく、より強固な関係構築にもつながる。我々はこうした関係の変化が次のステップに進むために重要な役割を果たすと確信している」と述べている。 「カカオ・アクション」はカカオの供給量世界トップを誇るガーナ政府、コートジボワール政府と企業との協力によって自主的に進められてきた。現在この2国だけで世界のカカオ供給の約55%を占めているが、カカオ産業のサステナビリティ促進を支援するため、他の国にも拡大していく予定だ。 WCFのトップを務めるBill Guyton氏は、「『カカオ・アクション』はカカオ農園に対し、彼らの住むコミュニティの生活水準を向上させながら、農園経営を成功に導くうえで必要不可欠となる知識・技術のトレーニングをフルパッケージで提供することに重点を置いている。各企業のプログラムの中から最も優れた要素だけを取り出し集めた上で、それを共有し発展させることができるようになったのだ」と語る。 「カカオ・アクション」を通して、企業はガーナ政府や他の政府機関とより密に協力できるようになる。より改良された原料や肥料、農家へのトレーニングだけでなく、教育や児童労働の監視、女性のエンパワーメントを高める活動を通してコミュニティの発展を促進できる。WCFが開発した一連の指標が「カカオ・アクション」に統合され、今後、企業と政府はこの計画の進捗状況を測定、管理できるようになる。 「カカオ・アクション」に参加する企業はADM、Armajaro、Barry Callebaut、Blommer Chocolate Company、Cargill、Ecom、Ferrero、The Hershey Company、Mars, Incorporated、Mondelēz International、Nestlé、Olam International Ltd.の12社で、世界のカカオ・チョコレート産業を代表するグローバル企業が名を連ねている。 カカオの主たる原産国であるガーナやコートジボワールにおける児童労働や強制労働などは過去にもたびたびNGOやメディアからの批判にさらされており、チョコレート産業に携わるグローバル企業も自主的な取り組みを進めてきた。今回の合意によりチョコレート産業のサプライチェーンの更なる健全化が進むことを期待したい。 【参考サイト】World Cocoa Foundation

» 続きを読む
ページ上部へ戻る