SRI(Socially Responsible Investment:社会的責任投資)

Facebook Twitter Google+

 SRIとはSocially Responsible Investmentの略で、社会的責任投資と呼ばれる投資行動のことです。従来の投資は、主に企業の成長性や財務上の健全性など経済的価値の計算に基づいて行われていましたが、SRIでは企業が負うべき社会的責任(CSR)も投資基準に含めます。最近では、SRIより、ESG投資と呼ばれることのほうが一般的となっています。  1920年代のアメリカで始まったと言われ、欧米ではキリスト教の倫理観により武器やギャンブル、たばこ、アルコールに関連する企業を投資対象から外すネガティブ・スクリーニングと呼ばれる手法に特徴付けられています。日本では環境関連事業を展開する企業に投資するエコファンドや、雇用における女性活用、法令順守といったより幅広いCSRを基に投資対象を選定するSRIファンドがあります。  GSIA(The Global Sustainable Investment Alliance)が公表しているGlobal Sustainable Investment Review 2014によると、世界のSRI市場規模は2012年の13.3兆米ドルから2014年の21.4兆米ドルに飛躍的に拡大しており、この2年で最も拡大幅が大きかった米国、カナダ、欧州の3地域合計で全体の99%を占めています。アジアではSRIの運用資産規模の大きい順にマレーシア、香港、韓国、日本は最下位でこの2年間で資産残高を減らす結果となりましたが、SRIの定義や算出方法には地域によるばらつきがあるため、単純な比較は難しいと言われています。 参考サイト JSIF「SRIとESG投資の違いとは?」 GSIA "Global Sustainable Investment Review 2014" 

» 続きを読む
2015/08/18 辞書

【国際】2015年のサステナビリティ投資、6つの最新トレンド

Facebook Twitter Google+

タイヤメーカー大手のPirelli Tire North America(ピレリタイヤ・ノースアメリカ)で広報・サステナビリティ担当役員を務めるMaureen Kline氏が、米国Inc.誌に”6 Sustainability Investing Trends for 2015”と称して2015年のサステナビリティ投資に関する6つの最新トレンドを紹介している。 今やサステナビリティ投資は世界中で大きなトレンドとなりつつある。例えば、US SIF(The Forum for Sustainable and Responsible Investment)の調査によれば、2012年から2014年にかけて米国におけるSRI投資・インパクト投資の運用額が76%増加したとのことだ。ESGを投資基準に組み込んだ投資会社は3倍以上に増え、年金ファンドを含む米国の機関投資家によるSRI資産は77%拡大し、ESGに配慮したプライベート・エクイティやその他のオルタナティブ投資の運用額も70%増加したという。 また、責任投資を推進している国連PRI(Principles for Responsible Investment:責任投資原則)に署名している機関投資家・団体の数は既に1,260を超えており、署名機関の運用資産総額は45兆ドル以上に膨らんでいるという。 こうした現状を踏まえ、Maureen Kline氏は記事の中で2015年のサステナビリティ投資における最新トレンドとして下記6つを挙げている。 機関投資家は顧客の要望に応える形でSRI投資をますます加速させていく 投資家の関心はネガティブ・スクリーニングからポジティブ・スクリーニングへと進化する SRIを重視する機関投資家の数はさらに増え、企業に対する影響力を強めていく ESG情報の透明性向上について投資家から企業への要求が高まる 気候変動リスクのような外部性に対する投資家から企業への圧力が高まる 地域へのコミュニティ投資やインパクト投資の流れが加速する いずれのポイントもサステナビリティを重視した経営を実践している企業にとっては歓迎するべき流れだ。投資家がサステナビリティをより重視するようになれば、企業経営者も短期的な財務パフォーマンスだけに囚われることなく、より長期的な視点で事業運営、事業投資を行うことができるようになる。2015年もグローバル全体でSRIの流れは加速していく。6つのトレンドのより詳細について知りたい方は下記から。 【参考サイト】6 Sustainability Investing Trends for 2015 【関連サイト】US SIF

» 続きを読む

【国際】MSCI社、化石燃料銘柄を除いた新インデックスを発表

Facebook Twitter Google+

今後の低炭素社会を見据えた動きが投資の世界で広がりを見せている。世界中の投資家のベンチマークとして利用されているMSCI指数で有名なMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社は10月16日、化石燃料銘柄をネガティブ・スクリーニングした新たなSRIインデックス、MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexを発表した。 MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexは、MSCIの新興市場向け投資ベンチマークとして有名なMSCI ACWI Indexをベースとしており、まずMSCI ACWI ex Fossil Fuels Index、MSCI ACWI ex Coal Indexの2つが導入された。 MSCI ACWI ex Fossil Fuels Indexは、化石燃料銘柄を100%、(時価総額で全体の9.3%を占める127銘柄)をMSCI ACWI Indexから除いたものであり、MSCI ACWI ex Coal Indexは、化石燃料銘柄を50%、(時価総額で全体の1.3%を占める26銘柄)をMSCI ACWI Indexから除いたものだ。 これらのインデックスは、投資対象から化石燃料銘柄を排除、または減らすことを求める投資家からの要望に応える形で導入された。低炭素社会へのシフトが今後想定される中、化石燃料への依存が企業にとって足かせになると懸念する機関投資家は増えてきているのだ。 Index and ESG Researchの代表でグローバルトップのRemy Briand氏は、「今回導入された2つのインデックスにより、先月導入されたMSCI Low Carbon インデックスを補完できる形となり、これで炭素保有のリスクを管理しようとする投資家にとっては包括的なツールが揃ったと言えるだろう」と語る。 また、米カリフォルニアピッツァー大学の投資委員会委員長であり、Gould Asset Management社社長でもあるDonald Gould氏も、「化石燃料を投資対象から排除しようとする投資家にとって、自身の投資を正確に把握するためのベンチマークがあることは大変有益だ。MSCI社がその重要な一歩を踏み出してくれたのは喜ばしいことだ」と述べ、投資家からの評価の声も聞こえる。 世界中でESG投資の流れが本格的に進む中、今後MSCI Global Fossil Fuels Exclusion Indexが実際の運用パフォーマンスでどこまで投資家の期待に応えられるのか、注目が集まる。 【企業サイト】MSCI Inc.

» 続きを読む
ページ上部へ戻る