【アメリカ】機関投資家8団体、投資先企業のセクハラや暴力撲滅で新イニシアチブ「Trustees United」発足

Facebook Twitter Google+

 米機関投資家8機関は1月14日、投資先企業に対し、職場でのセクシャルハラスメントや暴力等の労働慣行違反を防止を促す新たなイニシアチブ「Trustees United」を発足した。8機関の運用資産総額は6,350億米ドル(約70兆円)。労働慣行や人材マネジメント等を改善しにいく。  今回のイニシアチブに参加したのは、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)、カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)、ロサンゼルス郡職員退職年金基金(LACERA)、ロサンゼルス市職員退職年金基金(LACERS)、シカゴ市教職員退職年金基金、オハイオ州教職員退職年金基金、ロードアイランド州職員退職年金基金(ERSRI)、コネティカット州退職年金基金(CRPTF)。  今回のイニシアチブは、4つの原則を宣言。取締役がセクシャルハラスメントや暴力を撲滅するよう監督することや、あらゆる層での性別ダイバーシティ向上、団体交渉や調達方針に関する社内規定の強化、従業員への守秘義務や強制仲裁条項がハラスメントを永続化させることへの認識向上等を盛り込んだ。  同イニシアチブは、他の機関投資家にも参加を呼びかけている。 【参照ページ】Institutional Investor Trustees Representing $635 Billion in Assets Launch Principles Addressing Sexual Harassment and Workplace Misconduct

» 続きを読む

【国際】グーグル、従業員数千人がボイコット運動展開。相次ぐセクハラ事件や男女不平等に抗議

Facebook Twitter Google+

 世界各国のグーグル従業員数千人が11月1日、同社経営幹部がセクシャルハラスメントに関与していたことを抗議するボイコットを運動を展開した。「Don’t be evil」というプラカードを掲げ、同社に対し是正を要求した。ボイコットは、サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、シアトル、ロンドン、ダブリン、シンガポール、東京などグーグルの主要オフィスで展開された。    今回のボイコット運動は、とりわけスマホOSの「アンドロイド」を開発した同社幹部で2014年に退職したアンディ・ルービン氏に向いている。同社が10月25日発表した内容に基づくと、ルービン氏はセクシャルハラスメントには関与しておらず、9,000万米ドル(約100億円)の退職パッケージを受け取り円満退職したこととなっている。しかし、従業員たちは納得していない模様。 【参考】【アメリカ】グーグル、過去2年間で従業員48人をセクハラで解雇。経営幹部も13人(2018年10月31日)  グーグルと親会社アルファベットには現在、約94,000人の従業員がいる。企画者は当初、 1,500人程が参加し、大半が女性参加者と予測していたが、実際には予測を大きく上回り、男性も多数参加した。  同社のスパチャイCEOは、ボイコット運動実施前にボイコット運動への支持を表明。加えてこれまでの事情に陳謝した。

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、過去2年間で従業員48人をセクハラで解雇。経営幹部も13人

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米グーグルは10月25日、セクシュアルハラスメントの訴えを受け、過去2年間に従業員48人(うち13人は経営幹部)を解雇したと発表した。ニューヨーク・タイムズ紙が10月25日に報じた同社元幹部のセクハラ退職ニュースをきっかけに、同社が明らかにした。  ニューヨーク・タイムズ紙は、スマホOSの「アンドロイド」を開発した同社幹部で2014年に退職したアンディ・ルービン氏について、同社従業員からセクハラに関する内部告発があった証拠を独自に入手し、円満退職し9,000万米ドル(約100億円)の退職パッケージを受け取ったルービン氏退職の裏にはセクハラがあったと報じ、同社はその事実を隠蔽していると批判した。ニューヨーク・タイムズ紙は、同社の現従業員や元従業員数十名から機密保持契約があるため匿名で回答したと書いた。ルービン氏は、その直後に事実無根と反論した。  その後、グーグルは、スンダル・ピチャイCEOが従業員向けに送ったEメールの内容をメディアに開示。それにより、過去2年間に48人がセクハラで解雇されたことが明らかになった。一方、その中に退職パッケージを受け取った人はいないとし、ルービン氏の関与を間接的に否定した。  同社は従業員向けのEメールの中で、グーグルは、全上級副社長及び副社長は、同僚との恋愛関係を報告しなければならないという方針を定めたことも公表。安全な職場に向け努めていると従業員に説明した。 【参考ページ】How Google Protected Andy Rubin, the ‘Father of Android’

» 続きを読む
ページ上部へ戻る