【10/8・東京 セミナー】「戦略的CSRコミュニケーション-ImpactとValueの伝え方」

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年10月8日(木)に東京にてセミナー「戦略的CSRコミュニケーション-ImpactとValueの伝え方」を開催いたします。  CSR/サステナビリティ情報を開示するにあたり、社会または企業にとってのImpact(影響)とValue(価値)について戦略的にコミュニケーションを行う必要性がますます高まっています。  企業が社会や環境に与えるImpact(影響)については、重要な項目を特定し、その予防、緩和、あるいは適応状況を開示するとともに、目標設定と実行が必要となります。一方で、事業活動を通じValue(価値)を向上させていくことについては、社会的な課題と企業との関わりのなかで捉えられようとしています。グローバルな社会課題に対し、事業を通じて解決する取り組みを目標とし、その成果(アウトカム)に相応しい評価基準を導入し、価値創造に向けた取り組みが整理されようとしています。これからの企業の戦略的CSRコミュニケーションは、このImpactとValueを効果的に伝えること、ステークホルダーに理解・共感してもらうことが大切です。  こうした状況を踏まえ、この度「戦略的CSRコミュニケーション」と題し、これからのCSRコミュニケーションのヒントを得られるセミナーを開催いたします。前半の基調講演では、三井住友信託銀行チーフ・サステナビリティ・オフィサーの金井氏をお招きし、事業活動とサステナビリティとの関係におけるImpactとValue、企業視点とともに、金融機関として企業の価値評価に関わられている経験を踏まえ、お話をいただきます。  後半は、ImpactとValueについて意識的にCSR/サステナビリティレポート内で取り扱うなど、先進的な取り組みを図られている企業のご担当者によるパネルディスカッションを行い、事業活動とCSR/サステナビリティの融合を伝えるうえでの工夫や課題について議論をしていきます。  当セミナーは、CSR推進担当の方だけでなく、広報・IR・経営企画といった部署の方々にも参考にしていただけます。ぜひご参加ください。 開催概要 日時:2015年10月8日(木)13:30~16:30 (受付13:00~) 参加費:無料 会場:文京シビックセンター 26階 スカイホール(東京都文京区春日1-16-21) 東京メトロ 後楽園駅・丸の内線・南北線 徒歩1分 都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線 徒歩1分 JR総武線 水道橋駅(東口) 徒歩9分 定員:80名 対象:企業のCSR・IR・広報ご担当者様 ※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合もございます。 プログラム 13:40 ご講演「事業活動とサステナビリティとの関係におけるImpact/Valueの取り扱いについて(投資家の視点)」、質疑、応答 講師:三井住友信託銀行 経営企画部 チーフ・サステナビリティ・オフィサー 金井 司氏 14:35 報告「2015年のCSRコミュニケーションの動向」 スピーカー: (株)シータス&ゼネラルプレス CSR革新室 顧問 山吹 善彦 15:00 パネルディスカッション 「ImpactとValueの伝え方」 パネリスト: 三井住友信託銀行 経営企画部 チーフ・サステナビリティ・オフィサー 金井 司氏 東京ガス(株) 広報部CSR室 課長 金田 千絵氏 富士フイルムホールディングス(株) 経営企画部 CSRグループ マネージャー 小島 麻理氏 ほか1社を予定。 モデレーター: (株)シータス&ゼネラルプレス 山吹 善彦 16:30 終了 ※プログラムは事前の予告なく変更する可能性があります。予めご了承ください。 お申し込み お申し込みはこちらから

» 続きを読む

【9/15・大阪 セミナー】「2015年版 CSRレポートを読む会 in 大阪」

Facebook Twitter Google+

株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年9月15日(火)に大阪にてセミナー「2015年版 CSRレポートを読む会」を開催いたします。 変化を続けるCSRレポートの最新の動向をおさえることは、自社とステークホルダーとのコミュニケーションを考えるにあたり、重要な視点です。 2015年8月時点で発行されているCSRレポートを題材として、複数社のCSRレポートを読み比べるグループワークを行います。CSRコミュニケーションの傾向と留意点への理解を深め、自社のレポーティングへのヒントを持ち帰っていただければと思います。 7月に東京で開催した第1回では「短時間で他社動向が良く理解できた」「CSRレポート 作成のヒントがもらえた」「他社の担当者の生の声を聞くことができて非常に良かった」といった感想をいただきました。当日は参加者の皆さま同士で交流いただく時間も設けますので、担当者同士のネットワーキングの場としてもご活用ください。 開催概要 日時:2015年9月15日(火)14:00~16:30 (受付13:40~) 場所:天満橋ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)5階大会議室2 大阪市中央区大手前1丁目3番49号(地図) 京阪「天満橋」駅、東口方面改札から地下通路を通って1番出口より東へ約350m 地下鉄谷町線「天満橋」駅、1番出口より東へ約350m 定員:30名 対象:企業のIR、CSR、広報、経営企画、法務ご担当者(※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合がございます。) プログラム(150分) 14:00 2015年版最新事例と、リサーチャーが読むときの視点をご紹介 14:30 グループワーク「CSRレポートを読み比べる」 数名のグループに分かれ、1グループ3~4社のレポートに目を通していただきながらのグループワークです(途中休憩あり)。 16:30終了 ※BtoB/Cのバランスを考慮して選定する8~10社のCSRレポートを題材とします。 CSRレポートを提供いただく企業が確定し次第、CSRコミュニケートにてご案内いたします。 ※参加者のご所属によって弊社でグループ分けを行います。 ※実際に読んでいただくのは3~4社のCSRレポートを予定しています。 ファシリテーター 渡邉 ゆかり シータス&ゼネラルプレスCSR革新室 CSRコミュニケート編集長 詳細・お申込み お申し込みはこちらから。

» 続きを読む

【9/28・東京 セミナー】「投資家に伝えるべき非財務情報は何か?-CSR情報とESG情報の違い-」

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年9月28日(月)に本社(東京都文京区)にてセミナー「投資家に伝えるべき非財務情報は何か?-CSR情報とESG情報の違い-」を開催いたします。  日本版スチュワードシップ・コードの策定とコーポレートガバナンス・コードの施行によって、企業と投資家の「対話」を求める動きが加速しており、6月には経済産業省を中心とした「第1回経営者・投資家フォーラム」が都内で行われました。  企業が日々発信する情報を、投資家はどのように活用しているのでしょうか。また、アニュアルレポート、統合レポート、CSRレポート等の任意開示ツールを、投資家はどのように読んでいるのでしょうか。  このたび、グローバルなIRとコーポレートガバナンスのコンサルティング会社として、日本企業の要望に応える世界レベルのIR活動を支援するジェイ・ユーラス・アイアール株式会社(以下、J-Eurus IR)との共催により、セミナーを開催します。J-Eurus IRが有する機関投資家のリアルな声と、弊社が有するCSRコミュニケーションのノウハウを融合させ、今後の企業と投資家とのコミュニケーションを円滑に進める、具体的な情報を提供する機会にできれば幸いです。 当セミナーのポイント 投資家に伝えるべき情報は何かを知ることができる。 今後、任意開示ツールを作成するうえで、投資家視点でのヒントが得られる。 開催概要 日時:2015年9月28日(月)15:30~17:30 (受付15:00~) 場所:株式会社シータス&ゼネラルプレス 本社 5F会議室 東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷(地図) TEL 03-6902-2001(代表) 最寄り駅からのアクセス:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 参加費:無料 定員:40名 対象:企業のIR、CSR、広報、経営企画、法務ご担当者 (※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合がございます。) プログラム (120分) 15:30~16:30(60)「投資家に伝えるべき非財務情報は何か?」 プレゼンテーション: ジェイ・ユーラス・アイアール株式会社 岩田 宜子氏  16:30~17:00(30)「国内外の統合レポート優良事例」    プレゼンテーション: 株式会社シータス&ゼネラルプレス 斉藤 肇 17:00~17:25(25)ディスカッション 17:25~17:30(5)弊社ご紹介、今後のセミナー予定、アンケート記入 17:30 終了 講師プロフィール 岩田 宜子氏 ジェイ・ユーラス・アイアール株式会社 代表取締役 米系銀行の東京支店にて、外国為替、融資、さらにALM分析、リスク管理計画など多岐にわたる業務を経験。1992年よりIR業界でのキャリアを開始。米国IRコンサルティング会社、テクニメトリックス(現、トムソン・ファイナンシャル・インベスター・リレーションズ)の日本・韓国担当シニア・ディレクターを経て、現在に至る。東証優良企業選定委員〈2007年より2011年まで〉、日本IR学会理事。2013年10月、経産省では、「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」における対内直接投資研究会を発足し、その委員に選ばれる。 斉藤 肇 株式会社シータス&ゼネラルプレス コミュニケーション革新部 コンサルタント 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 博士前期課程修了(MBA 社会デザイン学)。研究テーマは、日本でESG投資を促進していくための、上場企業の任意情報開示のあり方について。日本インベスター・リレーションズ学会、社会デザイン学会会員。 お申し込み お申し込みはこちらから

» 続きを読む

【8/27・東京 セミナー】2015年版 CSRレポートを読む会vol.2

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年8月27日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「2015年版 CSRレポートを読む会」の第2回目を開催いたします。  2015年7月末時点で発行されているCSRレポートを題材として、複数社のCSRレポートを読み比べるグループワークを行います。第1回の参加者からは「短時間で他社動向が良く理解できた」「CSRレポート 作成のヒントがもらえた」「他社の担当者の生の声を聞くことができて非常に良かった」といった感想をいただきました。  当日は参加者の皆さま同士で交流いただく時間も設けますので、担当者同士のネットワーキングの場としてもご活用ください。 開催概要 日時:2015年8月27日(木)14:00~16:30 (受付13:40~) 場所:株式会社シータス&ゼネラルプレス 本社 5F会議室 東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷(地図) TEL 03-6902-2001(代表) 最寄り駅からのアクセス:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 講師:渡邉 ゆかり (シータス&ゼネラルプレスCSR革新室 CSRコミュニケート編集長) 参加費:無料 定員:30名 対象:企業のCSR・広報ほかCSRコミュニケーションご担当者(※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合がございます。) プログラム(150分) 14:00~14:30 2015年版最新事例と、リサーチャーが読むときの視点をご紹介 14:30~16:30 (120) グループワーク「CSRレポートを読み比べる」 数名のグループに分かれ、1グループ3~4社のレポートに目を通していただきながらのグループワークです(途中休憩あり)。 16:30 終了 お申し込み お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む

【8/6 東京・セミナー】 海外の統合レポート事例に学ぶ

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年8月6日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「海外の統合レポート事例に学ぶ」を開催いたします。統合レポートを発行する日本企業は年々増加しており、この動きは今後も続くことが予想されます。本セミナーでは、海外のレポートを実際に見ながら、今後の統合レポートのあり方を一緒に考えていきます。統合レポートの実務担当者の皆さまに、自社のレポート制作のヒントをお持ち帰りいただければ幸いです。 開催概要 日時:2015年8月6日(木)15:30~17:30 (受付15:00~) 場所:株式会社シータス&ゼネラルプレス本社5F(地図) 東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷 TEL 03-6902-2001(代表) 最寄り駅からのアクセス:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 参加費:無料 定員:30名 対象:企業のIR、CSR、広報、経営企画、法務ご担当者 ※コンサルティング会社様、広告制作会社様などはご遠慮いただく場合がございます。 プログラム 15:30~17:00 プレゼンテーション 「海外の統合レポート事例に学ぶ」 17:00~17:30 質疑応答 講師 植木 定史 株式会社シータス&ゼネラルプレス CSR革新室長。 横浜国立大学大学院 環境情報学府 修士課程修了。上場企業の広報IR担当を経て、IR系コンサルティング会社にてIRコンサルタント業務に従事。2009年より当社にてCSR・IR領域をはじめとしたコーポレートコミュニケーションのプロデューサーとして活動。日本パブリックリレーションズ協会認定PRプランナー。 斉藤 肇 株式会社シータス&ゼネラルプレス CSR革新室 コミュニケーション・コンサルタント。 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 博士前期課程修了(MBA 社会デザイン学)。研究テーマは、日本でESG投資を促進していくための、上場企業の任意情報開示のあり方について。日本インベスター・リレーションズ学会、社会デザイン学会会員。 お申し込み お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む
2015/07/10 行動する

【7/16・17 東京・セミナー】マテリアリティ特定 個別相談会

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年7月16日(木)および17日(金)に本社(東京都文京区)にて「マテリアリティ特定 個別相談会」を開催いたします。  2016年1月1日以降発行分のレポートから、GRIガイドラインを利用する場合は、GRIガイドライン第4版(以下、G4)を用いなければなりません。このG4はグローバルコンパクト、OECDなど国際機関はもとより、ISO、IIRCとの相互協力により、グローバルに求められる企業の非財務情報について折り込まれており、企業の非財務/サステナビリティ情報の開示においてその位置づけがますます重要になろうとしています。  そしてG4では準拠状況についての開示が求められますが、「中核」、「包括」といった準拠レベルについて宣言するにはマテリアリティ(重要課題)の特定が必須となります。その流れは「特定」、「優先順位付け」、「妥当性確認」、「レビュー」、そして「DMA(マネジメントアプローチに関する開示)」とシンプルではありますが、それぞれ具体的に実行していこうとすると意外と戸惑いが生じます。  そこで、特定の過程でお悩みのあるご担当者様や、これから取り組む上で疑問点等があるご担当者様向けに、マテリアリティ特定についての個別の相談会を開催いたします。  この相談会を通して、取り組んでいる中で生じた様々な疑問やお悩みが解決されると幸いです。 開催概要 日時:2015年7月16日(木)・17日(金) 各回75分 1)10:00~11:15 2)10:30~11:45 3)14:00~15:15 4)15:30~16:45 5)17:00~18:15 場所:株式会社シータス&ゼネラルプレス 本社 5F会議室 (東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷(地図) TEL 03-6902-2001(代表) 最寄り駅からのアクセス:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 費用:税込8,800円/回(3人まで) 講師:株式会社シータス&ゼネラルプレス コミュニケーション革新部長 山吹善彦 対象:企業のCSR・経営企画部などマテリアリティ特定に取り組まれている方 プログラム マテリアリティ特定の基本概念(15分) 各企業の状況に応じた特定プロセスに関するディスカッション(60分) お申し込み お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む

【6/24 東京・セミナー】新任CSR担当者の集い

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年6月24日(水)に本社(東京都文京区)にてセミナー「新任CSR担当者の集い」を開催いたします。  CSRという言葉の意味や捉え方は多岐にわたっており、各テーマを追求していくと、企業経営の根幹にかかわる範囲にまで及びます。また、専門用語も多く、初めて専任部署に配属された方にとっては、全体像をつかむだけでも一苦労です。  そこで、CSR専任部署に新しく配属された方を対象に、「新任CSR担当者の集い」と題してセミナーを開催いたします。  まず、「CSRの基礎知識と最新動向」のプレゼンテーションでは、レポーティングガイドライン、CSRランキングといった、CSR担当者としておさえておきたい基礎知識をはじめ、CSR活動をマーケティング、ブランディングに応用する手法や、グローバル社会とCSRとの関係といった最新動向を俯瞰的に解説します。  後半は、「CSR推進の課題とは」についてのグループワークを行います。グループワークを通じて自社のCSRについて改めて考え、参加者ご自身の問題意識を明確にする機会を設けます。  専任部署にご所属の方に限らず、社内でCSR研修を担当されている方、改めてCSRを俯瞰したい方もぜひご参加ください。 開催概要 日時: 2015年5月27日(水) 16:30~18:30 (受付16:00~) 会場:株式会社シータス&ゼネラルプレス本社 5階会議室(地図) 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 春日通り沿い バス停「小日向四丁目」前 参加費:無料 定員:30名 プログラム 16:30 プログラム説明 16:35 プレゼンテーション「CSRの基礎知識と最新動向」 講師:シータス&ゼネラルプレス CSRコミュニケート編集長 渡邉ゆかり 17:25 グループワーク「CSR推進の課題とは」 18:30 終了 お申込み  お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む

【6/4 東京・セミナー】改めて知りたい統合報告<IR>の基礎

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年6月4日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「改めて知りたい統合報告<IR>の基礎」を開催いたします。  統合報告書を発行する日本企業は年々増加しており、この動きは今後も続くことが予想されます。  統合報告書への移行には、CSR情報に加え、SRIの現状、ESG投資、IR(投資家向け広報)の変遷などの様々な動きを知っておく必要があるとシータス&ゼネラルプレスは考えています。  そこで、初めて統合版にチャレンジする企業のご担当者はもちろん、すでに統合版を作成しているが編集方針に疑問がある、あるいは内容に満足していないとお考えのご担当者を対象に、「改めて知りたい統合報告<IR>の基礎」を開催いたします。  当セミナーをESG情報・非財務情報の任意開示にお役立ていただければ幸いです。 開催概要 日時: 2015年6月4日(木) 16:30~18:15 (受付16:00~) 会場:株式会社シータス&ゼネラルプレス本社 5階会議室(地図)    東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分    春日通り沿い バス停「小日向四丁目」前 参加費:無料 定員:30名程度 プログラム 16:30 プレゼンテーション 「統合報告とSRI、ESG投資、IR(投資家向け広報)の関係」 講師:シータス&ゼネラルプレス CSR革新室 斉藤 肇 17:30 フリーディスカッション 18:00 シータス&ゼネラルプレスのサービスご紹介 18:15 終了 お申込み お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む

【5/27 東京・緊急開催セミナー】「非財務情報の保証とは – CDPを含めた外部評価」

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年5月27日(水)に本社(東京都文京区)にてセミナー「非財務情報の保証とは - CDPを含めた外部評価」を開催いたします。  海外では社会・環境情報に第三者保証が付与されるケースが多くみられますが、日本において保証が付与されるのは限定的です。非財務情報の信頼性を担保する保証について、日本企業はどのように対応すべきでしょうか。  さらに、CDP質問書の回答期限が6月末に迫っています。質問への返答情報はグローバルにスコアリングされ公開されます。  以上のような状況を踏まえてこの度、サステナビリティ・統合報告の保証について最新動向をお伝えするセミナーを開催します。  まず、非財務情報の保証とその評価の関係について、青山学院大学大学院の牟禮氏からお話をいただきます。次に、CDPのパートナーでもある認証機関LRQA、SGSから、評価機関に影響をあたえる情報の効果的な作成方法・対応の仕方についてご紹介いただきます。後半のディスカッションでは、監査法人による保証と認証機関による保証の相違点や、保証のあり方について議論を深めていきます。  本セミナーを通して、サステナビリティ情報の保証と外部評価の関係性や具体的な対応について理解を深めていただき、目前に迫るCDP返答についてスコアアップにご活用いただければ幸いです。 開催概要 日時: 2015年5月27日(水) 15:00~18:00 (受付14:30~) 会場:株式会社シータス&ゼネラルプレス本社 5階会議室(地図) 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」3番出口より徒歩約3分 春日通り沿い バス停「小日向四丁目」前 参加費:無料 定員:50名 プログラム 15:10 基調講演「統合報告における保証の状況」 青山学院大学大学院 准教授 牟禮 恵美子氏 15:40 プレゼンテーション1「グローバルに保証が求められる背景:マテリアリティ特定、ESG情報の開示要望の高まり」 ロイドレジスター クオリティアシュアランス 事業開発部門長 冨田 秀実氏 16:10 プレゼンテーション2「CDP2014 気候変動質問書ジャパン結果報告の概要」 SGSジャパン 認証サービス事業部 マネジメントシステム認証部 プロダクトマネージャー 西 利道氏 休憩 16:50 ディスカッション「認証機関における第三者認証の機能と役割」 パネリスト:牟禮 恵美子氏、冨田 秀美氏、西 利道氏 モデレーター:シータス&ゼネラルプレス 山吹 善彦 18:00 終了 お申込み お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。

» 続きを読む

【日本】シータス&ゼネラルプレス、「CSR報告書調査レポート2014」を公開

Facebook Twitter Google+

 国内最大級のCSR情報サイト「CSRコミュニケート」を運営する株式会社シータス&ゼネラルプレスは3月27日、「CSR報告書調査レポート2014」を公開した。  本調査は、CSRレポート、サステナビリティ・レポート、環境社会/社会環境報告書、統合報告書などの発行形態と記載内容の傾向を把握することを目的に同社が毎年実施しているものだ。CSR先進企業100社を調査対象としており、冊子のCSR報告書を発行する企業の割合や、マテリアリティ特定に関する報告、GRIガイドライン(G4)活用状況などを経年変化でみることができる。  調査項目は下記の通り。 発行月 構成 情報開示の手段 情報を開示する媒体 冊子(紙媒体)のページ数 発行媒体の多様化 ステークホルダーエンゲージメントの状況 マテリアリティ特定の掲載 目標・実績一覧の掲載 KPI(主要業績評価指標)の掲載 人権に関する記載 Topics 女性の活躍推進に関する記載 第三者意見・第三者保証の掲載 ISO26000の活用状況 GRIガイドラインの活用状況  CSRコミュニケートは2009年のオープン以降、企業のCSR担当者を中心に2,700名以上が登録している日本最大級のCSR情報サイト。上記報告書のダウンロードは下記からどうぞ。 【報告書ダウンロード】CSR報告書調査レポート2014 【参考サイト】CSRコミュニケート

» 続きを読む
ページ上部へ戻る