【アジア】アジア・サステナブルファイナンス・イニシアチブASFI発足。WWFシンガポールが事務局

Facebook Twitter Google+

 アジア地域でサステナブルファイナンスを推進する新たなイニシアチブ「アジア・サステナブルファイナンス・イニシアチブ(ASFI)」が1月21日、発足した。サステナブルファイナンスの分野でアジア地域をリードするため、シンガポール政府も発足を後押しした。  パートナー団体は、気候変動ファイナンス推進AIGCC、2° Investing Initiative(2°ii)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、CDP、世界資源研究所( [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】パーム油ウィルマー、NGOのAidenvironmentとサプライヤー監督強化で連携

Facebook Twitter Google+

 パーム油世界大手シンガポールのウィルマー・インターナショナルは12月10日、蘭環境NGOのAidenvironmentと合同で、パーム油サプライヤーへの新たなモニタリング及びエンゲージメント・プログラムに関する共同声明を発表した。ウィルマー・インターナショナルの掲げるNDPE(森林破壊ゼロ、泥炭地ゼロ、搾取ゼロ)方針の実効性を強化する。 【参考】【シンガポール】パーム油ウィルマー、森林伐採の疑いのあるサプライヤーGamaからの調達中 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】SPグループ、再エネ電力取引市場開始。ブロックチェーンで管理。世界初

Facebook Twitter Google+

 シンガポール電力大手SPグループは10月29日、世界初のブロックチェーン管理の再生可能エネルギー電力取引市場をローンチした。同取引市場では、証書(REC)付の再生可能エネルギー電力の売買が誰でも可能。最初に購入したのは、シンガポール不動産大手City Developmentsとシンガポール銀行大手DBS。太陽光発電大手Cleantech Solar AsiaやLYS Energy SolutionsもRECを同取引市場で販売すること [...]

» 続きを読む

【シンガポール】DBS、キャピタランドにESG指標連動型コミットメインライン融資。アジア不動産業界初

Facebook Twitter Google+

 シンガポール不動産大手キャピタランドは10月4日、DBS銀行からアジア不動産業界初となるESG指標連動型コミットメインライン融資を3億シンガポールドル(約245億円)規模受けたと発表した。5年ローン。単独の銀行によるESG指標連動型コミットメインライン融資額でも同国過去最大。  現在キャピタランドは、金融インデックス開発世界大手S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが管理する「Dow Jones Sustainability Indu [...]

» 続きを読む

【シンガポール】FTSE Russell、イスラム法遵守株式インデックス新設。増加するイスラム金融に対応

Facebook Twitter Google+

 インデックス開発世界大手英FTSE Russellは10月5日、シンガポール証券取引所(SGX)の上場企業のうち、イスラム法(シャリーア)を遵守している企業のみで構成するインデックス「FTSE ST Singapore Shariah Index」を新たに設定した。イスラム法に基づく投資運用を行う投資家向け。イスラム法学者の国際的ネットワーク企業「Yasaar」が企業のスクリーニングを担う。  イスラム法に基づく投資運用は近年増加し [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】不動産手大手Frasers Property、シンジケート・グリーンローンを実現。融資期間5年で990億円調達

Facebook Twitter Google+

 シンガポール不動産大手Frasers Propertyは9月18日、東南アジア初のシンジケート・グリーンローンを実現させたと発表した。建設を計画するシンガポールの商業タワービル「Frasers Tower」の建設資金が使途。既存のローンのリファイナンスで、融資期間5年。融資総額は12億シンガポールドル(約990億円)。  グリーンローン実施に当たり、英Loan Market Association(LMA)と香港に本部を置くアジア太 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】Singapore-ETH CentreとNUS、生態系サービスの測定プロジェクト発足。自然資本価値を可視化

Facebook Twitter Google+

 スイス連邦工科大学チューリッヒ校のシンガポール拠点「Singapore-ETH Centre」とシンガポール国立大学(NUS)は8月16日、シンガポールの自然環境が果たしている生態系サービスを定量測定するプロジェクトを開始した。同国の森林や公園、水路、海洋生息地等の経済、社会、環境便益を今後3年かけて調査する。  Singapore-ETH Centreは、スイス連邦工科大学チューリッヒ校とシンガポール国立研究財団(NRF)が201 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】DBS、ESG指標連動型コミットメインライン融資をパーム油大手ウィルマーに提供

Facebook Twitter Google+

 シンガポール金融大手DBSは8月10日、パーム油世界大手シンガポールのウィルマー・インターナショナルに対し、ESG指標の目標達成に応じて金利が下がるコミットメントライン融資(リボルビング・クレジット・ファシリティ)契約を締結したと発表した。融資期間2年の1億米ドル(約111億円)。  ESG指標の達成状況評価は、ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)が実施。評価は毎年実施される。 【参照ページ】DB [...]

» 続きを読む

【シンガポール】パーム油ウィルマー、森林伐採の疑いのあるサプライヤーGamaからの調達中止

Facebook Twitter Google+

 パーム油世界大手シンガポールのウィルマー・インターナショナルは6月25日、森林破壊の疑いのあるパーム油のサプライヤーGama及びその関係会社からの調達を6月20日までに停止したと発表した。国際環境NGOグリーンピースがウィルマー・インターナショナルに対しGamaからの調達停止を要求していた。  グリーンピースは同日、Gamaがインドネシアにおいて森林破壊を引き起こし、ウィルマー・インターナショナルの掲げるNDPE(森林破壊ゼロ、泥炭 [...]

» 続きを読む

【シンガポール】ケンタッキーフライドチキン、プラスチック製ストローとフタの使用を禁止

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード大手KFCコーポレーションは6月18日、シンガポールの全84店舗でプラスチック製ストローと飲料カップに用いられるプラスチック製フタの使用を6月20日から止めると発表した。但し、持ち帰り用のプラスチック製フタの使用は継続する。  KFCコーポレーションは、ケンタッキーフライドチキンで知られるファーストフード大手。今回の措置により、使い捨てプラスチックを円環で17.9t削減できるという。今後さらに、プラスチック製カップの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る