【イギリス】ユニリーバ、プラスチック容器を2025年までに100%再利用・堆肥化可能にすると宣言

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手ユニリーバは1月14日、2025年までに100%のプラスチック容器を再利用、リサイクル、堆肥化できるようにするというコミットメントを発表した。循環経済への進展を加速させる。  エレン・マッカー財団の調査によると、世界で使用されているプラスチック容器のうちリサイクルされているのはわずか14%。残り40%は埋立廃棄されており、さらに約33%は、海洋や陸上などに投棄されたままの状態になっている。2050年までには、世界の海に [...]

» 続きを読む

【デンマーク】カールスバーグ、木繊維を素材とした「グリーンファイバーボトル」の新デザインを発表

Facebook Twitter Google+

 ビール醸造会社大手デンマークのカールスバーグは9月28日、環境配慮型ビンの新モデル「グリーン・ファイバー・ボトル」を発表した。グリーン・ファイバー・ボトルは、木繊維を素材とし投棄されたとしても自然環境下で無害物質への生分解が可能。さらに、素材である木材は、植林と収穫の量を同じ割合とし持続可能な方法を営んでいる林業事業者からのみ調達される。  同社は、2014年に「カールスバーグ・サーキュラー・コミュニティ」というプロジェクトを発足さ [...]

» 続きを読む

【オランダ】政府、サーキュラー・エコノミーを2050年までに100%実現する方針を発表

Facebook Twitter Google+

 オランダ政府は9月14日、2050年までに「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」を完全に実現させるため、資源利用を大幅に削減し、廃棄物を削減していく協定を、インフラストラクチュア・環境大臣、経済・農業・イノベーション大臣、政府関係者、産業界、NGOの間で締結した。さらに、インフラストラクチュア・環境大臣は、埋立処分量を削減するため、廃棄物から利用可能な原材料を回収する予算として最大2,700万ユーロを投じることも発表した。この予算 [...]

» 続きを読む

【戦略】フランス「エネルギー転換法」の内容 〜原発削減、気候変動情報開示、プラスチック製品・売れ残り食品廃棄禁止〜

Facebook Twitter Google+

 今日、フランスが2015年7月22日に制定した「エネルギー転換法(Energy Transition for Green Growth Act)[日本ではエネルギー移行法とも呼称されています]」が世界から大きく注目されています。この法律には、フランスを低炭素国家に変えていくための内容が数多く規定されています。制定時にとりわけ大きく報道されたのが、原子力発電割合の大幅削減です。フランスは世界の原子力発電大国で、現在電力の75%を原子力 [...]

» 続きを読む

【国際】IoTがサーキュラー・エコノミーを加速する。世界経済フォーラムら報告書

Facebook Twitter Google+

 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術の進展により、2020年までに世界中で500億以上の機器がインターネットでつながると予測されているなか、第4次産業革命とも言われるこれらの技術は世界の経済モデルをどのように変えるのだろうか?  世界経済フォーラムとエレン・マッカーサー財団は2月8日、このIoT技術がサーキュラー・エコノミー(循環型経済)への移行を促進する可能性ついてまとめた報告書、"Intell [...]

» 続きを読む

【イギリス】Forum for the Future、サーキュラー・エコノミーへの移行支援ツールを公表

Facebook Twitter Google+

 昨年12月にEUが公表した240億ユーロの「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を受けて(参考記事:【ヨーロッパ】欧州委員会、EUの新サステナビリティ戦略「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を採択)、英国のNPO、Forum for the Futureは1月28日、アルミ大手のノベリス、消費財大手のユニリーバと共同で開発した、サーキュラー・エコノミーへの転換に向けて産業界や製品デザイナーらを支援するための2つの無料オンライン [...]

» 続きを読む

【日本】キヤノン、The Circulars 2016にて日系企業として初となる最優秀賞を受賞

Facebook Twitter Google+

 OA機器大手のキヤノンは1月22日、同社グループ会社のキヤノンヨーロッパが、スイスのダボスで開催されていた世界経済フォーラムの中で実施されたサーキュラー・エコノミーに関する表彰アワード、"The Circulars 2016"において、日系企業として初めて最優秀賞を受賞(People's Choice Award部門)したと発表した。  The Circulars 2016は、世界経済フォーラムの40歳以下のグローバルリーダーで構成 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州委員会、EUの新サステナビリティ戦略「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を採択

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月2日、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)の実現に向けたEU共通の枠組み構築を目的とする新提案「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を採択した。ヨーロッパ経済を循環型経済システムへと移行することで、国際競争力の向上、持続可能な経済成長、新規雇用創出などを目指す。  新提案は、リサイクルや再利用などを通じて製品ライフサイクルの"Close the Loop"(ループを閉じる)を実現し、環境および経済の双方に利益を [...]

» 続きを読む

【イギリス】ロンドン・ヒースロー・マリオットホテル、欧州初となる石鹸リサイクルを開始

Facebook Twitter Google+

 英国ロンドンの玄関口、ヒースロー空港に近接するマリオットグループのホテル、ロンドン・ヒースロー・マリオットホテルは11月12日、国際NGOのClean the Worldとの協働により、これまで廃棄していた宿泊客の使用済石鹸をリサイクルすると公表した。この取り組みは欧州のホテルとしては初となる。  総客室数393室を有する同ホテルで毎日大量に生まれる使い残しの石鹸は、今後Clean the Worldを通じて世界中のホームレスや高齢 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】H&M、エレン・マッカーサー財団と提携。循環型ファッションを推進

Facebook Twitter Google+

 循環型経済への移行を推進している英国のエレン・マッカーサー財団は11月4日、同財団のグローバル・パートナーに、新たにスウェーデンのアパレル大手、H&Mが加わることを発表した。今回の提携は米国サンフランシスコで開催されたBSR 2015カンファレンスの中で発表された。  今回の提携は、循環型ファッションの実現に向け、業界の先頭に立ってイノベーションに取り組んでいるH&Mのコミットメントの一環でもある。現在、同財団のグローバル・パートナ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る