【国際】GRI、ステークホルダーごとのサステナビリティデータ活用方法を公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIと国際NGOのオックスファム・オランダは6月9日、多様なステークホルダーごとのサステナビリティデータの活用状況についてまとめた報告書"Informing decisions, driving change"を公表した。同報告書では、市民団体、投資家・情報ベンダー、企業、政府・規制機関、メディアという各ステークホルダーがサステナビリティデータをどのように活用し、どのように成果を上げているかについて成功事例と共にまとめられている。  GRIは、現在世界の大手企業の間でサステナビリティ報告が普及したことでサステナビリティに関するデータは年々莫大に増加しているものの、各ステークホルダーはそれらのデータを十分に活用しきれていないと指摘している。特に喫緊のサステナビリティ課題を多く抱える開発途上国においては、サステナビリティ報告の過程で得られるデータを最大限に活用することで多くの恩恵を受けることができるとしている。  報告書の中でまとめられている各ステークホルダーの主なデータ活用状況は下記の通りだ。 市民団体  企業らにプレッシャーを与える市民団体らは特に開発途上国において重要な役割を果たしており、市民団体はサステナビリティデータを活用することで自身のビジョン達成に向けたより効率的な活動が可能になる。市民団体は具体的なデータを提示することで企業のアカウンタビリティとパフォーマンス改善を促し、問題を広く一般の人々に訴えかけることも可能になる。また、ひいては自身の活動成果の測定にも役立てることができる。 投資家・情報ベンダー  投資家および投資家に情報を提供するベンダー、格付機関などにとってもサステナビリティデータは重要な役割を果たしている。比較可能な形で収集されたデータは、ベンチマークの提供により企業間のパフォーマンス改善に向けた競争を促し、投資家に対してはよりサステナブルな投資意思決定を助け、よりサステナブルな会社に光をあてることを可能にしている。 企業  企業は自社および他社のサステナビリティデータの両方を、サプライヤーの選定からKPIの設定に至るまで組織内・外の意思決定に役立てることができるとしている。また、組織内部へのメリットとしては、企業の経営陣に対してデータを提示することで、サステナビリティパフォーマンスを改善するよう働きかけることができる。 政府・規制機関  政策立案者らは政策や方針策定の際にますますサステナビリティ要因を考慮するようになってきている。政府や規制機関らは、自身のサステナビリティパフォーマンスデータを示すことで管理区域の企業に対して事例を提供することができる。また、サステナビリティデータを活用することで管理区域の進捗状況をモニタリングし、パフォーマンスを改善することができる。 メディア  メディアは健全な民主主義の実現と持続可能な発展において大きな役割を担っており、メディアがサステナビリティに関する課題を良い方向に持っていくためには、信頼できるデータにアクセスできる必要がある。また、メディアはデータを用いて問題を世間の明るみに出したり、第三者としてパフォーマンスランキングを公表したりすることもできる。  また、GRIはそれぞれのステークホルダーが抱える課題についても提示している。政府や規制機関に対しては、ガイドラインをベースとしつつも様々な開示オプションを用意するなど報告者の助けとなる方針策定や中小企業の支援、データの報告組織に対してはデータの正確性や信頼性の確保とコンテクストの配慮、そしてデータの利用者に対してはコンテクストへ注意を払うことと客観的な視点を意識するようにアドバイスしている。また、GRI自身に対しては、テクノロジーを活用したデータへのコンテクスト付与と、キャパシティ向上を課題として挙げている。  現在世界が抱えるサステナビリティ課題を解決に導くためには、各ステークホルダーがサステナビリティデータを最大限に活用し、自身の活動や意思決定に役立てることが必要不可欠だ。サステナビリティ報告のデジタル化も進み、より膨大なデータが蓄積され続けている現代では、このビッグデータをどうポジティブインパクトの創出に活用できるかが明暗を分けることになりそうだ。同報告書ではステークホルダーごとの成功事例も数多く掲載されているので、興味がある方はぜひ確認して頂きたい。 【レポートダウンロード】Informing decisions, driving change 【参照リリース】The Role Of Data in a Sustainable Future 【団体サイト】GRI 【団体サイト】Oxfam Novib

» 続きを読む

【アメリカ】ビッグデータ分析によりリアルタイムでESG情報を提供するツールが登場

Facebook Twitter Google+

 企業のサステナビリティ・ESGデータに関する需要が高まりを見せる中、米国サンフランシスコに本拠を置くTruValue Labs社は先月、Insight360という画期的なオンライン分析プラットフォームを発表した。同ツールにより、投資家は企業のサステナビリティ、ESGに関するビッグデータをリアルタイムで入手可能になる。  Insight360は、自然言語処理(NLP)および機械学習を使用したコグニティブ・コンピューティング(コンピュータ自ら学習し、考え、瞬時に膨大な情報源から大量のデータを統合し分析するシステム)プラットフォームだ。ビッグデータとトレンドを機械的に分析することで、Insight360はESGパフォーマンスを定量化し、企業にとって有益なパターンを発見することを可能にしている。  Insight360は従来のサステナビリティデータプロバイダーとは異なり、効率的に膨大な量のリアルタイムデータを処理し、関連性のあるコンテンツだけを抜き出すことが可能だ。リアルタイムでサステナビリティトレンドを分析することにより、投資家はより賢明かつ迅速な意思決定を下すことができるようになる。    Sinclair Capital のJonh Lukomnik氏は「TrueValueのリアルタイムデータ分析は、全く新しい視点からの企業評価を可能にし、トレンドを即時に可視化することでリスクと機会の両方を同時に見極めることができる」と語る。  また、TruValue LabsのCEOを務めるHendrik Bartel氏は「Insight360は、かつてはアクセスできなかった情報へのアクセスを可能にした。これらのデータは非常に貴重であり、ESG統合の真の価値を理解するアセットマネジャーにとって非常に有利な情報になるだろう」と語る。今後、TruValue社はInsight360に興味を持ち、賛同してくれる投資家らに独占的にアクセス権を提供する予定とのことだ。  なお、TruValue Labsは6月3日、米国のサステナビリティ会計基準、SASBとデータ提供パートナー契約を締結したと発表している。SASBのリサーチャーらはInsight360を活用し、80以上の業界に渡る企業に影響を与えるサステナビリティ要因の特定に活用するという。  ESGデータの分析、提供にビッグデータや機械学習といった最新のテクノロジーが活用されることで、投資家の企業とのコミュニケーションの形は年に一度の報告書による情報開示といった従来の方法から大きく変わっていきそうだ。 【参照リリース】Access to Real-Time ESG Data by Insight360 Now Available to Investment Professionals 【参考サイト】Insight360 【企業サイト】TruValue

» 続きを読む
ページ上部へ戻る