【国際】ネスプレッソとリオ・ティント、コーヒー用カプセルにASI認証アルミニウム使用で連携

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスプレッソと資源世界大手英豪リオ・ティントは11月19日、コーヒー用カプセルでASI認証アルミニウムを用いることで覚書を締結した。ASI認証アルミニウムは、持続可能なアルミニウム推進の国際NGO「Aluminium Stewardship Initiative」が管理する認証。ASI認証アルミニウムを活用するのは、ネスプレッソが世界初となるという。 【参考】【国際】アルミニウムに関する新たなサステナビリティ基準 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ネスプレッソ、スターバックス等、プエルトリコのコーヒー産業復興で連携

Facebook Twitter Google+

 米ヒスパニック系NGOのHispanic Federationは10月24日、プエルトリコでのコーヒー開発イニシアチブを発表した。5年間をかけ、危機に瀕したコーヒー産業を復興する。ネスプレッソ、スターバックス、ロックフェラー財団、TechnoServe、World Coffee Researchも参画する。  今回のイニシアチブに対し、Hispanic Federationとネスプレッソが100万米ドル(約1.1億円)ずつ拠出。ロッ [...]

» 続きを読む

【国際】コーヒー栽培と渡り鳥の生態系保護。バードフレンドリー認証の意義

Facebook Twitter Google+

 米科学雑誌「Scientific American」は4月18日、自然環境保護の視点から興味深いブログを掲載した。執筆者は米コーネル大学鳥類学研究所のAmanda Rodewald教授。タイトルは「The Coffee-Songbird Connection(コーヒーと鳴鳥の関係)」だ。一見、無関係に見えるコーヒーと鳥だが、実はコーヒーの農法の変化が、鳥の生態系を脅かしている。    米国大陸では、フタスジモズモドキやオリーブチャツ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米セブン-イレブン、レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーの販売開始

Facebook Twitter Google+

 米セブン-イレブンは11月16日、レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーを同社として初めて販売を北米地域で開始したと発表した。販売するのはニカラグア・マタガルパ産のコーヒー。レインフォレスト・アライアンスとは、生物多様性の保全や持続可能な生活の確保に向けて国際的に活動するNGO。今回販売されたコーヒーには、同団体のトレードマークである小さな緑色のカエルがプリントされており、環境保護、野生動物の保全、地域社会の幸福に関する厳しい基 [...]

» 続きを読む

【エチオピア】ネスレら、コーヒーのトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

 スイス食品大手のネスレは11月12日、オランダのJacobs Douwe Egberts、カナダのMother Parker’s Coffee & Teaら共同で、持続可能なコーヒー調達プログラムのSustainable Coffee Programを通じてエチオピアにおける新たな食物のトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資したと公表した。調達企業らがコーヒーの「フットプリント」を追跡し、その品質とサステナビリティをしっか [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る