【金融】「責任ある機関投資家」の諸原則 <日本版スチュワードシップ・コード>の受入状況

Facebook Twitter Google+

日本版スチュワードシップ・コードの受入状況 今年2月に金融庁が公表した「責任ある機関投資家」の諸原則。本来名称よりも、日本版スチュワードシップ・コードの通称で広く浸透しています。 金融庁が当初求めていたのは、機関投資家の受入表明。ここで言う機関投資家とは、年金基金等のアセットオーナーだけでなく、投資顧問会社等のアセットマネージャーも含む概念であり、多くの金融機関が対応に追われました。機関投資家の受入表明と方針公表の初回期限は2014年 [...]

» 続きを読む
2014/12/09 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る