【アメリカ】トイレの寄付で命を救う。アメリカン・スタンダード社のFlush for goodキャンペーン

Facebook Twitter Google+

現在、世界中で25億人もの人々がトイレなどの十分な衛生設備がない環境下で暮らしており、毎日約2000人もの子供たちが不衛生を原因とする病気で命を落としているという事実をご存じだろうか? この事実を知り、2013年から問題解決に動き出したのが、米国の大手トイレタリー会社、アメリカン・スタンダード社だ。同社は不十分な衛生環境下で暮らすバングラディシュの人々に対し、彼らの生活環境を向上させ、不衛生な排泄環境が引き起こす感染症の防止に向けて衛生的な便器(Sa To:Safe Toilet)を53万個寄付したと発表した。 この寄付は、同社がグローバルの衛生環境危機に対する意識向上とその問題解決ための革新的なソリューション開発を目的として展開しているFlush for Goodキャンペーンの重要な核をなす取り組みとなる。 同社は現在、米国およびカナダで販売している同社のトイレChampion一台につき、一台のSaTo(衛生的なトイレ便器)を不衛生な環境下で感染症に苦しむ発展途上国に対して寄付するというコーズマーケティングキャンペーンを展開している。 また、北米を拠点としてサステナブルな生活と環境建築を推進しているメディア企業、Green Builder Media社とも提携し、Flush for Goodキャンペーンをグローバルにまで拡大しようと取り組みを展開している。(ウェブサイトはこちら) アメリカン・スタンダード社は2013年10月、米国の元大統領ビル・クリントン氏が地球課題解決のために立ち上げたClinton Global Initiativeと共に、SaToの提供を通じ、2014年からの3年間で世界中に暮らす300万人の生活、衛生環境の質を向上させるとコミットメントした。同社では2013年から2014年の間に寄付を受けたバングラディシュの250万人を含めて、2017年までに550万人にSaToが届くと予測している。 【企業サイト】American Standard 【企業サイト】Green Builder Media (※写真提供:Eduardo Lopez / Shutterstock.com)

» 続きを読む

【アメリカ】Cause Marketing Forum、企業・非営利団体向けのオンラインセミナーを開講

Facebook Twitter Google+

アメリカのCause Marketing Forumが企業と非営利団体向けのオンラインセミナーを開講した。本セミナーでは企業のパートナーとしてWin-Winの関係を築く上でのアドバイスを提供する。「いかにして企業を躍進させることができるか」という内容が主になる。講師にマーケティングに精通したMollye Rheaを招き、無料で行われる。11月に行われたウェブナーに関してもオンラインで確認することが可能だ。セミナーで知識を得たいとは思っても、現実的に時間を取ることは難しいこと多いものだ。しかし、オフィスや自宅で場所を選ばずに有意義な知識を得られることは多くの方にとってメリットのあることだ。視聴が無料というのも嬉しい限り。同社の今後のセミナーに期待したい。【企業・セミナーサイト】Cause Marketing Forum

» 続きを読む
2013/12/19 最新ニュース

【アメリカ】発展途上国に安心して飲めるきれいな水を送り届けるためのチャリティー活動

Facebook Twitter Google+

水のフィルターメーカーSomaは、NPO法人Waterと共同で初のコラボレーションチャリティーを開催する。Waterは発展途上国に住む人々に安心して飲めるきれいな水を送り届けることをミッションとした団体。2006年以降、8000以上のプロジェクトを運用し、320万人を超える発展途上国の人々にきれいな水を提供してきた。今回のチャリティーでは、Somaにより、評判の高い独特なデザインの水差しと水を濾過するフィルターが数量限定で提供される。フィルターは、ココナッツの殻など生物分解性を持った素材で作られ、ゴミにならない。また、水差しが一つ売れるごとに、売上の25%にあたる12.5ドルをWaterに寄付すると宣言している。寄付・フィランソロピー?日本において、水道の水が飲めるという発想は当たり前だが、世界中では十分に水分を補給することもできない数多くの人々が存在しているのも事実だ。健康志向の高まる中、先進国でもフィルターを通したきれいな水を飲んで、発展途上国の人も安心して飲める水を手に入れる。まさに、WIN-WINのチャリティーといえる。【チャリティーサイト】charitywater.drinksoma

» 続きを読む
2013/12/06 最新ニュース
ページ上部へ戻る