【国際】Science Based Targets(SBT)に114社が加盟。科学的根拠に基づくCO2排出削減目標を推進

Facebook Twitter Google+

 地球の気温上昇を2℃未満に抑える上で科学的に必要とされるCO2排出量に基づく削減目標の設定を推進している国際イニシアチブ、Science Based Targetsイニシアチブ(SBT)は12月8日、参画企業が当初の目標だった100社を上回り、114社に拡大したと公表した。  Science Based Targetsによると、参画企業らによるCO2排出量の合計は少なくとも年間4億7,600万トンにのぼり、南アフリカや石炭火力発電所 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラ・エンタープライズ、2020年までにCO2排出量を半減へ

Facebook Twitter Google+

 米大手飲料ボトラーのコカ・コーラ・エンタープライズ(以下、CCE)は6月9日、今年で10年目となるCorporate Responsibility and Sustainability Report(企業の社会的責任とサステナビリティに関する年次報告書)を公表し、これまでで最も野心的となる2020年目標を発表した。同社が掲げた新たなサステナビリティ目標には、環境や健康、社会に至るまで幅広いテーマが盛り込まれている。2020年までの主 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】企業の利益と目的に対する考え方、現在と将来のリーダーで違い

Facebook Twitter Google+

現在のCEOの90%、将来のビジネスリーダーらの88%が企業は社会的な目的を持つべきだと考えている一方で、実際に企業は既に明確な社会的目的を持っていると回答した将来のビジネスリーダーはたったの19%しかいないことが明らかになった。 この興味深い調査結果は、Coca-Cola Enterprises社が先日公表したCranfield School of ManagementのDoughty Centre for Corporate Re [...]

» 続きを読む

【イギリス】コカ・コーラ・エンタープライズ、持続的な成長への鍵はサプライヤーとの協働

Facebook Twitter Google+

2014年6月26日に公表されたCCE(Coca Cola Enterprise:コカ・コーラ・エンタープライズ)のサプライヤーに関する調査によると、同社のサプライヤー企業はサステナブル・イノベーションのためのアイデアを追求する最善の方法として、サプライヤーの協働(87%)、消費者の協働(86%)、従業員の貢献(84%)を挙げていることが明らかになった。CCEはThe Coca Cola Company(コカ・コーラ)系列の最大手ボト [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る