【国際】化学物質管理の安全性確保のためさらなる事業投資が必要、第1回CFP報告書

Facebook Twitter Google+

 化学物質管理(ケミカル・フットプリント:CFP)の国際的な基準策定を検討しているCFPは5月19日、独自に開発した測定ツールによる第1回の調査結果を発表した。調査は、大規模から中小規模の化学メーカーや化学物質使用メーカー24社を対象として実施された。今回の調査に参加した企業は、米リーバイ・ストラウス、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、米クロロックス、英ベクトン・デッキンソン、米シーゲイト・テクノロジーなど大手企業も参加。日本からも京 [...]

» 続きを読む

【国際】CFP、機関投資家らの支援を受けケミカル・フットプリント測定ツールを開発

Facebook Twitter Google+

 大手機関投資家や企業らの支援を受けて化学物質の使用に関する国際的な基準策定を進めているケミカル・フットプリント・プロジェクト(以下、CFP)は6月19日、化学物質の使用・管理状況のモニタリングおよびベンチマークを可能にするChemical Footprint Project Assessment Tool(ケミカル・フットプリント測定ツール)を公表した。  同プロジェクトは環境NPOのClean Production Action、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る