【イギリス】GSK、グーグル関連会社とバイオエレクトロニクス医療分野で合弁企業設立

Facebook Twitter Google+

 英製薬最大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は8月1日、Googleの親会社である米Alphabetのライフサイエンス子会社Verily Life Sciences(旧Google Life Sciences)と共同で、バイオエレクトロニクス医療機器を開発する合弁企業を設立すると発表した。今回開発するバイオエレクトロニクス医療機器は、米粒ぐらいの大きさの機器を体内に埋め込み、神経や臓器が送る誤った電気信号を修正する新技術。喘息、糖 [...]

» 続きを読む

【イギリス】GSK、環境負荷低減に向けたサプライヤー協働プラットフォームを開設

Facebook Twitter Google+

 英製薬大手のグラクソ・スミスクライン(以下、GSK)は9月16日、2020年までにバリューチェーン全体におけるカーボンフットプリントを25%削減するという目標の達成に向け、同社のサプライヤーとの協働およびイノベーションを促進するためのプラットフォーム、GSK Supplier Exchangeを開始すると発表した。  今後、世界中に広がる500以上のGSKのサプライヤーおよび製造・R&D拠点は、エネルギー効率化および環境負荷の削減に [...]

» 続きを読む

【国際】フォーチュン誌、世界を変える企業ランキング「Change the World」を公表

Facebook Twitter Google+

※2016年最新版は【国際】フォーチュンのCSV観点企業ランキング「Change the World 2016」公表、日本企業2社ランクインを御覧ください。  「フォーチュン500」、「フォーチュン・グローバル500」などで知られる米ビジネス誌のフォーチュン誌は8月20日、初めての試みとして事業を通じて社会に変革をもたらしている企業トップ50社を格付した新たなランキング、「Change the World 2015」を公表した。  同 [...]

» 続きを読む

【カナダ】サステナリティクス、ESGの観点から2015年に注目するべき10社を分析

Facebook Twitter Google+

ESGリサーチ大手のサステナリティクスは2月12日、ESG・サステナビリティの視点から現在の金融市場および個別10社のリスクと機会についてまとめた最新の研究報告書、 “10 for 2015 – Generating Value in a Fragile Market”を公表した。同報告書はマクロ・ミクロ双方の視点からESGに関する洞察を提供し、投資家の資産配分や資産選定プロセスを支援するのが狙いだ。 マクロレベルの視点では、歴史的な [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る