【イギリス】ネオニコチノイド系殺虫剤が蜂の大量減少に関連。科学論文発表

Facebook Twitter Google+

 英国政府の研究機関、自然環境研究委員会(NERC)生態環境研究所(CEH)に所属するBen A. Woodcock氏らは8月16日、科学誌Natureが運営するオンラインの科学ジャーナルNature Communicationsに、ネオニコチノイド系殺虫剤が蜂の個体群数の現象に繋がることを実証的に示した科学論文を発表した。論文名は「Impacts of neonicotinoid use on long-term populatio [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る