private 【カナダ】政府のサステナブルファイナンス専門家パネル、中間報告書公表。2019年春に最終報告書

Facebook Twitter Google+

 カナダ政府の「サステナブルファイナンスに関する専門家パネル(Expert panel on sustainable finance)」は10月25日、中間報告書を公表した。同パネルは、カナダ財務省とカナダ環境・気候変動省が2018年9月に設置。カナダ銀行副総裁を務めたトロント大学ロットマンビジネススクール長、カナダロイヤル銀行取締役、ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)上級副社長、オンタリオ州教職員年金基金チーフ・リスク&戦略・オフィ [...]

» 続きを読む

【カナダ】下院委員会、輸入品からの児童労働関与撲滅で提言発表。連邦政府に政策強化要求

Facebook Twitter Google+

 カナダ連邦下院外務・国際開発委員会(FAAE)は10月15日、企業にサプライチェーン上の児童労働撲滅を促すための報告書「A Call to Action: Ending The Use of All Forms of Child Labor in Supply Chain」を発表した。カナダ連邦政府が取り組むべき優先政策を提言した。  同レポートは、カナダ人権NGOのWorld Visionの調査統計を参照し、現在カナダ国内で事業を [...]

» 続きを読む

【カナダ】ウォルマート財団、食品廃棄物削減に取り組むNGOに合計1.7億円資金提供

Facebook Twitter Google+

 世界小売大手米ウォルマートのウォルマート財団は9月17日、カナダでの食品廃棄物削減に取り組むNGOに対し、合計150万米ドル(約1.7億円)を資金提供するファンドを設置すると発表した。NGOから、100万米ドル(約11億円)から30万米ドル(約3,300万円)までの規模のプロジェクト提案を募る。  ウォルマート財団は、カナダでの食品廃棄物削減やフードバンク活動を展開する組織に1,500万米ドル(約17億円)を拠出すると宣言しており、 [...]

» 続きを読む

【カナダ】上下院、大麻合法化法案を可決。今年10月にはG7初の大麻所持・使用合法化国に

Facebook Twitter Google+

 カナダのトルドー首相は6月20日、同国で大麻(マリファナ)の所持や使用が10月17日から合法化されると発表した。大麻法案が6月18日に連邦下院を205対82で通過。6月19日に連邦上院を52対29で通過した。カナダの国家元首である英女王の代理人であるカナダ総督が9月まで承認する模様。  嗜好用の大麻を国家として合法化するのは2017年7月に合法化したウルグアイに続き世界で2カ国目。米国でも複数の州ですでに合法化されている。カナダでは [...]

» 続きを読む

【カナダ】公的年金基金CPP、約1260億円のグリーンボンド発行。年金基金では世界初

Facebook Twitter Google+

 カナダ公的年金基金のカナダ年金制度(CPP)の投資委員会(CPPIB)は6月11日、グリーンボンドを発行すると発表した。年金基金がグリーンボンドを発行するのは世界初。使途は再生可能エネルギー発電所やグリーンビルディングへの投資。発行額は15億カナダドル(約1,260億円)の模様。  CPPIBは2017年、再生可能エネルギー分野に30億カナダドル投資する計画を明らかにした。グリーンボンドで調達した資金の調達先は、太陽光発電、風力発電 [...]

» 続きを読む

【カナダ】オピオイド関連死が増加。政府は警告ステッカーの貼付を義務付け

Facebook Twitter Google+

 カナダは前例のないオピオイド危機に見舞われている。同国政府が公表したデータによると、2016年に「明らかなオピオイド関連死」として報告された事案が全国で2,946件発生した。内訳は、偶発的(非意図的)な死が2,593件(88.0%)、自殺が250件(8.5%)、不明が103件(3.5%)。中でも偶発的な死が966件(100,000人当たりの年間死亡率20.3)発生したブリティッシュ・コロンビア州では同年に「公衆衛生非常事態」を宣言し [...]

» 続きを読む

【北米】ステート・ストリートの運用会社、ケベック州金融機関団体の気候情報開示宣言に署名

Facebook Twitter Google+

 カナダ・ケベック州金融業界団体ファイナンス・モントリオールは4月25日、金融世界大手米ステート・ストリートの運用子会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが「気候関連財務リスクに関する機関投資家宣言」に署名したと発表した。  ファイナンス・モンとリールは2010年にケベック州政府の要請に基づき金融機関が発足。現在45社・団体が加盟している。「気候関連財務リスクに関する機関投資家宣言」は2017年10月にファイナンス・モン [...]

» 続きを読む

【カナダ】政府、「サステナブルファイナンスに関する専門家パネル」設置。政策提言まとめる

Facebook Twitter Google+

 カナダのキャサリン・マッケナ気候変動相とビル・モーノー財相は4月12日、政府内に「サステナブルファイナンスに関する専門家パネル」を設置したと発表した。2018年秋頃までにカナダでのサステナブルファイナンス進展に向けた提言をまとめる。同パネルの議長には、前カナダ銀行上級副総裁のティフ・マックレム・トロント大学ロットマン経営大学院学長が就任した。  同パネルは、サステナブルファイナンスに関連する機会や障壁を検討する。気候関連財務情報開示 [...]

» 続きを読む

【北米】仏ダノン北米法人2社、Bコーポレーション認証取得。グループ取得企業8社に

Facebook Twitter Google+

 仏ダノンの北米法人ダノン・ノース・アメリカとダノン・カナダは4月12日、Bコーポレーション認証を取得したと発表した。ダノン・グループの同認証取得グループ企業は8社に増加した。全体で事業の30%を占める。  「Bコーポレーション」は、米NGOのB Labが運営する認証。環境、社会に配慮した事業活動を行い、アカウンタビリティや透明性等でB Labの掲げる基準を満たした企業が認証を取得できる。認証取得企業は、Certified B Cor [...]

» 続きを読む

【カナダ】証券管理局、上場企業の気候関連財務情報の開示義務化を検討

Facebook Twitter Google+

 カナダ証券管理局(CSA)は4月5日、カナダ企業による気候変動報告の現状分析結果と、将来の政策の方向性について示したレポート「CSA Staff Notice 51-354 Report on Climate change-related Disclosure Project」を発表した。  CSAは3月21日にカナダ企業の気候関連情報開示の実態を分析するプロジェクトを開始。投資家が必要とする情報が開示されているかや、法規制やガイド [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る