【国際】エネルギー・トリレンマの重点は2020年までにサステナビリティに移行。PwC調査

Facebook Twitter Google+

 グローバルコンサルティングファームのPwCは5月20日、電力・エネルギー企業を対象とする意識調査"A different energy future"を公表した。同調査では、今年の12月に開催予定の国連気候変動パリ会議(COP21)における国際的な合意により、エネルギー業界の関心は今後5年間で再生可能エネルギー、クリーンテクノロジーといったサステナビリティ分野にシフトするとしている。  同調査は「安定供給」「コスト」「サステナビリテ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る