【インド】マハラシュトラ州で、プラスチック製品禁止州法施行。マクドナルド等もすでに罰金

Facebook Twitter Google+

 インド人口第2位のマハラシュトラ州で6月23日、プラスチック製品禁止州法が施行された。州政府は3月23日、同州法の施行を発表し、企業のオペレーション転換のために3ヶ月間の猶予が与えられていた。マハラシュトラ州の州都はムンバイで、人口は1.1億人。  今回の州法で禁止されるのは、使い捨てビニール袋、使い捨てプラスチック食器、500ml未満のペットボトル、使い捨てのポリスチレン製品、包装用のビニールラップ、ポリスチレン不織布製の袋、プラスチック容器等の製造、使用、販売。個人も法人も取締の対象となる。  さらに、使用が禁止されない500mlと1Lのペットボトルについては、500mlのものは一つにつき1ルピー(約1.6円)、1Lのものは1つにつき2ルピー(約3.2円)のデポジット料金が追加でかかり、店舗に返却するとデポジット料金が返却される。同様にプラスチック製の牛乳容器にも1つにつき0.5ルピー(約0.8円)でデポジット料金がかかる。但し、牛乳容器でも0.05mm未満のものや、リサイクル可能素材でないものは禁止される。  一方、プラスチック製品でも今後も使用や製造、販売が認められるのは、薬や固形ゴミ、農業用のプラスチック容器、農業肥料用のビニール袋、0.05mm以上の新品の食品用ビニール袋、工場用のビニールラップ。    同州法に違反した場合、1回目の違反は5,000インドルピー(約8,000円)、2回目は1万インドルピー(約16,000円)、3回目以降は2万5,000インドルピー(約4万円)と3ヶ月の禁固刑が科せられる。ムンバイ市政府公社(BMC)はすでに違反者取締のために210名のスタッフを配置した。インドのビニール袋生産者協会は、禁止州法によって事業損失額は1,500億インドルピー(約1,800億円)と見積もり、30万人の失業者が出ると反発している。  ムンバイ市政府公社は6月26日、すでに132店舗で違反を摘発したと発表。その中には、バーガーキング、マクドナルド、スターバックスも含まれる。プラスチック製ストローや使い捨てプラスチック製食器の使用で違反を指摘された。州法施行から3日間で、ムンバイ市だけで8,000以上の事業者から約700kgのプラスチック製品を押収。罰金66万インドルピー(約106万円)も徴収した。

» 続きを読む

【インド】モディ首相、2022年までに使い捨てプラスチック用品を廃止と宣言

Facebook Twitter Google+

 インドのモディ首相は6月5日、2022年までに同国で使い捨てプラスチック用品を廃止すると宣言した。さらに海洋プラスチックごみの防止キャンペーンと、海洋プラスチックごみ量を測定する取組を行うと発表した。タージマハルを含む国家的文化遺産100ヶ所でもごみゼロを目指す。  経済成長中のインドは現在、一人あたりのプラスチック使用量は欧米に比べて少ない。米国と比べ10分の1、欧州と比べ6分の1。中国と比べても3分の1程度。しかし、13億人の人口を抱えるインドでは、プラスチック使用総量は多く、今後も急速に拡大すると言われている。  今回モディ首相が発表した宣言は、世界でも異例に見るほど厳しいもの。使い捨てプラスチック用品には、ペットボトルやプラスチック製食器 今後法規制等を検討する模様だが、反発も出ると見られる。手腕に注目が集まる。 【参照ページ】India will abolish all single-use plastic by 2022, vows Narendra Modi

» 続きを読む

【国際】インドiTech Mission、国別SDGs取組状況の可視化サイト「SDGs Dashboard」リリース

Facebook Twitter Google+

 インドiTech Missionは5月28日、国連持続可能な開発目標(SDGs)について各国の達成度合いをビジュアル表現したウェブサイト「SDGs Dashboard」をリリースした。SDGsの17の目標と169のターゲットをオンライン上で可視化した。  ダッシュボードに表示させる内容は完全にカスタマイズ可能で、閲覧者は全ての国のSDGs達成データを追跡、監視、報告用に使用することができる。具体的には、SDGsやターゲットごとに興味のある国の経年データ、各ターゲット毎の各国のプロフィールを表示させることができる。さらに、二軸の比較チャートや、テーマごとの国ランキングの表示も可能。また、ダッシュボード上でキャンペーンを実施し、各国の市民がどのような考えを持っているか知ることもできる。 【参照ページ】First of its kind SDGs dashboard: An initiative to engage and align all UN and government agencies towards evidence based decisions and data insights 【サイト】SDGs Dashboard

» 続きを読む

【インド】ソフトバンクと中国GCLグループ、合弁設立。太陽光発電建設に約990億円投資

Facebook Twitter Google+

 ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」と中国エネルギー大手GOLDEN CONCORD Group(GCL)子会社のGCL System Integration Technology(協鑫集成科技)は3月29日、インドでの太陽光発電所建設のための合弁企業をインドのアンドラ・プラデシュ州に設立する覚書を交わしたと発表した。合弁企業の出資比率は、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを運営するSoftbank Investmentが60%、GCLグループが40%。今後出資参加者が現れればそれに応じて比率は変わる。  合弁企業は、外部投資家からの資金も募り、総額9.3億米ドル(約990億円)の投資を予定。合弁企業は設備容量4GWの太陽光発電所建設を計画しており、2GWずつ2段階で導入する。合弁企業の事業には、太陽光発電のインゴット、ウエハー、バッテリー、モジュールの生産と販売が含まれる。  これまで石炭火力発電に大きく依存していたインドは、再生可能エネルギーの開発が重要政策として掲げられている。インド政府は、エネルギー安全保障の観点から太陽光パネルの生産の60%から70%を国内で生産する意向を表明しているが、現状需要が年間20GWあるのに対し、国内でのパネル生産能力は3GWしかない。今回の合弁企業設立は、インド国内での生産に大きく貢献するものとなる。  ソフトバンクは3月27日にも、サウジアラビア政府と共同で200GWの太陽光発電計画に約21兆円を投資すると発表していた。 【参考】【サウジアラビア】ソフトバンクと同国政府、200GWの太陽光発電発表。約21兆円投資 【参照ページ】GCL Groupとソフトバンクが9億3000万ドルを投資し、インドで合弁企業を設立

» 続きを読む

【インド】主要3証券取引所、取引所データの海外勢への提供停止を発表。MSCI等は反発

Facebook Twitter Google+

 インドの国立証券取引所(NSE)、ボンベイ証券取引所(BSE)、メトロポリタン証券取引所(MSEI)は2月9日、海外の証券取引所やインデックス開発会社、取引プラットフォームへの市場データ提供を停止すると発表した。ETFやETNに関するデータの提供も中止される。インド政府は、シンガポールやドバイとの競争に勝つために必要な措置と3証券取引所の決定を支持。一方、インデックス開発大手は、インドの金融市場にとって悪影響だと批判している。  今回の決定により、各証券取引所の株式インデックスをベンチマークとする海外のETFやETNの運営が難しくなる。インデックス開発世界大手米MSCIは2月15日、新興国市場インデックスに占めるインド銘柄の構成比率を見直す可能性を示唆した。  今回の決定の裏には、インドのモディ首相が出身州グジャラート州で建設を進めている国際金融センターがあると見られている。インド政府や証券取引所は、成長市場であるインド証券をインド国内で取引されるようにするため、新国際金融センターに海外の主要な関係者を呼び込みたい考え。そのため、海外の取引所や取引プラットフォーム、またはインデックス開発会社が、インド国外でインド証券取引を行うことを牽制したと見られている。 【参照ページ】New Anti-Competitive Measures Impacting the Indian Equity Market 【参照ページ】Indian exchanges cut ties to foreign bourses after government nod

» 続きを読む

【インド】道路交通相、2030年までの100%電気自動車構想を撤回。「公式な政策にはしない」

Facebook Twitter Google+

 インドのニティン・ガッカーリ道路交通相は2月15日、記者会見の中で、2030年までに全ての自動車を電気自動車(EV)に移行する政策の導入を撤回すると発表した。ガッカーリ大臣は昨年、2030年までにガソリン車およびディーゼル車の国内販売を禁止し、インドで販売される自動車を電気自動車のみに制限するとの政策方針を公表。連立内閣内で審議中だったが、政策導入を断念した。  電気自動車への完全移行方針は自動車業界に大きな波紋を呼んだ。現地報道によると、トヨタ自動車の現地製造子会社も懸念を表明。その他、同政策の撤回を求めるロビー活動を展開したところもあったという。政府関係者からも匿名で「EV政策パッケージの導入は巨額の投資が必要な上、金庫は空っぽ。現実的ではない。電気自動車構想は、市場やメーカー、消費者次第だ」と否定的な見方も出ていた。  ガッカーリ大臣は、今回の発表について、「今必要なのはアクションプラン」「政策は必要ではない」として、公式の政策にはしない考えを示した。また、「新たな技術が日々市場に登場している。技術はいつも法規制の先を行く。インドでは法規制を変えるのは非常に困難だ。だからアクションとして進めよう」と述べた。  100%電気自動車という制約がなくなったことで、今後自動車は各社にとっては進むべきオプションが開かれた形。インド自動車最大手マルチスズキのBhargava会長は、技術を選ぶ柔軟性を得たとコメント。一方、インド電気自動車最大手マヒンドラ・エレクトリック・モビリティのMahesh Babu CEOは、電気自動車業界には継続的な政府支援が必要だと述べている。

» 続きを読む

【インド】公取委、米グーグルに対し独占的地位の乱用と判断。約23億円の罰金命令

Facebook Twitter Google+

 インド競争委員会(CCI、公正取引委員会に相当)は2月8日、米グーグルが検索エンジンと検索連動型広告の独占的地位を乱用していると判断。インドでの事業から得た売上の5%に相当する13.6億インドルピー(約23億円)の罰金命令を出した。同案件については、競合企業となるMatrimony.comと消費者団体Consumer Unity & Trust Society(CUTS)が2012年、競争委員会に訴えていた。  今回の判定では、グーグルは競合企業に不利となるよう検索結果を操作していたと断定。例えば、自社の航空券検索機能を目立つ場所に配置し、他社にとっての魅力的な広告スペースを奪ったこと等を挙げた。一方、検索デザイン、AdWords、オンライン広告配信契約については違反は見られなかったとした。  競争委員会は6人の委員で構成。今回は4人が競争法違反断定に回った。グーグルは60日以内に罰金を支払わなければならない。 【判決】CCI issues order against Google for search bias, imposes penalty

» 続きを読む

【インド】証取委、10年前の大型粉飾決算事件でPwCインドに2年間の監査業務停止命令

Facebook Twitter Google+

 インド証券取引委員会(SEBI)は1月10日、「インド版エンロン」として約10年前に注目を集めた巨額粉飾決算に関与したとして会計監査大手PwCの現地会社に対し、2年間の上場企業監査停止命令を発した。PwCは異議申し立てを行う構え。  事件は、2009年に発生したインド大手IT企業Satyam Computer Services(サティヤム)のラマリンガ・ラジュ創業者兼元会長が過去数年に渡り約10億米ドルの粉飾決算を行っていたことを告白したというもの。PwCのインド現地PW(プライスウォーターハウス)は同社の会計監査を担当しており、責任とを問われている。サティヤムは、2010年に株式売却入札でTech Mahindraに買収された。  SEBIは今回、英PwCインターナショナルと提携関係にあるPWバンガロール事務所、PwCバンガロール事務所、PwCコルカタ事務所、Lovelock and Lewesのハイデラバードとムンバイの事務所、PWコルカタ事務所、PWニューデリー事務所、PwCチェンナイ事務所、PwCニューデリー事務所、Dalal & Shahのアーメダバードとムンバイ事務所、S Gopalakrishnan、Srinivas Talluriに対し、上場企業監査停止命令を発令した。PWバンガロール事務所の元パートナー2人に対し、不正に取得した210万米ドルを45日以内に返還することも命じた。一方、PwCのインド監査事業は、PwCブランドを掲げながら必ずしも品質管理が十分でなく、脆弱性がかねてから指摘されていた。米証券取引委員会(SEC)や、PCAOB(公開会社会計監査委員会)も懸念を示していたという。  PwCの現地会社は、粉飾決算を見抜けなかったことは意図的ではないと主張している。しかし、業界関係者は、業務停止命令が撤回されたとしても影響は小さくないと見ている。インドの司法プロセスは複雑かつ数年に渡ることが多く、将来の見通しが立たなければ顧客企業はライバル企業に流れてしまう。現在PWインドは11事務所に計3,000の公認会計士を抱え、タタ・スチール等インドを代表する上場企業の監査を担当しているもし顧客企業が離れてしまえば、PwCインド全体の売上の2割から3割が消し飛ぶ可能性があるとも指摘されている。 【SEBI命令】Order in respect of M/s Price Waterhouse, Bangalore, M/s Price Waterhouse & Co., Bangalore, M/s Price Waterhouse & Co, Kolkata, M/s Lovelock and Lewes, Hyderabad, M/s Lovelock and Lewes, Mumbai, M/s Price Waterhouse, Kolkata, M/s Price Waterhouse, New Delhi, M/s Price Waterhouse & Co, Chennai, M/s Price Waterhouse & Co, New Delhi, M/s Dalal & Shah, Ahmedabad, M/s Dalal & Shah, Mumbai, S. Gopalakrishnan and Srinivas Talluri in the matter of Satyam Computer Services Limited

» 続きを読む

【インド】香料大手米IFF、チョコレート大手マースのミント生産者支援プログラム「Shubh Mint」参画

Facebook Twitter Google+

 香料世界大手米インターナショナル・フレバー・アンド・フレグランス(IFF)は11月16日、チョコレート世界大手米マースの北米子会社マース・リグレー・コンフェクショナリーが推進するインドの小規模ミント農家支援プログラム「Shubh Mint」に参画すると発表した。ミント生産地であるウッタル・プラデーシュ州バラバンキと同州ラクナウで2021年までに農家2万人にミント農法の指導をし、所得倍増、水消費量の30%削減を実現する。  ミントはガムやブレスケア商品等に使用されている原料。マース・リグレー・コンフェクショナリーは、主力製品15ブランドのうち65%でミントを原料に用いており、ミントの市場規模は7億米ドルにも達する。米国とカナダでもミントを大規模生産しているが、世界のミント生産の80%はインドの約100万の小規模農家が担っており、ミントのサプライチェーンを持続可能なものにするためにはインド農家の生産性向上や生活の安定化が欠かせない。  マース・リグレー・コンフェクショナリーは2017年、米国、カナダ、インドでのミント農家支援プログラム「AdcanceMint」を開始。そのうち、インドに関するものに「Shubh Mint」プログラムという別称が付けられている。「Shubh Mint」では、農家2万人へのミント農法の指導、農家の所得倍増、水消費量の30%削減の他、女性の相互援助グループを200創設、農家生産組織の設立、リグレー財団やPratham Education Foundationと協働し農村600ヶ所で教育プログラム展開も実施していく。同プログラムには、IFFの他にも、ミント原料製造大手米Callisons、インドSharpも加わっている。IFFはその中で、農村地域の自立的発展のための図書館や学習プログラムを提供する非営利組織READ Globalのインド支部・READ Indiaの活動を支援する。すでに2017年10月に地域センター1ヶ所への援助が完了。今後さらに2つの地域センターに資金提供し、若年層と女性の教育・社会進出を進める。  「AdcanceMint」では、米国、カナダでも、ミント生産性の向上、水消費量効率の向上、マース・リグレーコンフェクショナリー・持続可能な農業実践賞を通じた地域5ヶ所でのインパクト向上を目指す。 【参照ページ】IFF Partners with Mars Wrigley Confectionery to Support Smallholder Mint Farmers; Strengthen Supply Chain 【プログラム】Mars

» 続きを読む

【インド】最高裁、インド最大祭ディワリでの爆竹販売禁止。深刻な大気汚染の緩和措置

Facebook Twitter Google+

 インド最高裁判所は10月9日、デリー首都圏においてインド最大の祭「ディワリ」期間中に爆竹を販売することを禁止する判断を下した。インドでは中国以上に大気汚染が深刻化している。とりわけデリー首都圏は酷く、児童・生徒の440万人が肺疾患を患っているとの報告もある。爆竹の使用は大気汚染物質を排出させるため、最高裁判所は爆竹の使用をデリー首都圏では禁止する措置を昨年11月に決定。その後、産業界から禁止解除の措置を求めていたが、ディワリ期間中の解禁とはならなかった。今年のディワリは10月19日。  デリー首都圏は、平常時でも大気汚染量が安全レベルの約3倍。これが、爆竹使用がまだ許可されていた昨年のディワリでは、29倍にまで高まった。学校は休校となり、さらに大気汚染状態を鎮めるため、発電所や建設工事までも一時停止となる事態にまで発展した。そこで昨年11月に最高裁判所は、ディワリ期間中は爆竹の販売、卸売、小売店での取扱に必要なライセンスを停止するという判断を下した。  これに爆竹関連企業は一斉に反発し、解除を求めた。しかし、最高裁判所は今回、昨年との比較をするためにも10月31日までは爆竹販売を解禁する措置を取ると発表した。デリー政府汚染規制委員会も今回の最高裁判所の決定を歓迎。それでも同委員会は、ブラックマーケットでの販売は継続だろうと予測しており、昨年以上に大気汚染の警戒感を高めている。  デリー市政府も10月15日、大気汚染の状態を観測しつつ、状況に応じて大気汚染物質排出が多い発電所や建設業、メーカーなどの操業停止を段階的に発動する規制強化体制に入る。ディワリ期間中に大気汚染状況が「非常に悪い」と判定されると、ディーゼルエンジンの使用は禁止され、交通量を減らすために駐車場料金も値上げされることになっている。 【参考ページ】Supreme Court bans sale of firecrackers in Delhi-NCR ahead of Diwali 【参考ページ】India's supreme court bans Diwali fireworks in Delhi to tackle pollution

» 続きを読む
ページ上部へ戻る