【国際】2018年のノーベル経済学賞、環境経済学ノードハウス教授と内生的成長理論ローマー教授

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン王立科学アカデミーは10月8日、2018年のノーベル経済学賞(アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)の受賞者を発表。米エール大学のウィリアム・ノードハウス教授と米ニューヨーク大学のポール・ローマー教授が受賞した。  ノードハウス教授は、環境経済学の先駆者で、同分野でノーベル賞受賞者が出るのは、ノーベル経済賞の50年の歴史の中で初めて。1970年代から気候変動と経済成長の関係を定量分析し、最適なソリューシ [...]

» 続きを読む

【オランダ】アクゾノーベル、オープン・イノベーション・プログラムを発表。アイデアを広く募集

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手アクゾノーベルは1月16日、外部機関とともに研究開発を進める新たな取組「Imagine Chemistry」を開始すると発表した。この取組では、世界中のベンチャー企業、学生、研究機関、専門家学者らと提携することで知見を借り、同社が現実に直面している研究開発課題に対するソリューションを見出す。これによりイノベーションを実現させる。    「Imagine Chemistry」では、同社が重点を置く5つのテーマにつき、広くア [...]

» 続きを読む

【アメリカ】デュポン、2020年サステナビリティ目標を公表。持続可能な食料のR&Dに10億米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

 米化学大手のデュポンは11月18日、過去25年以上にわたるサステナビリティへの取り組みを次の段階に引き上げるべく、2020年に向けた新サステナビリティ目標"2020 Sustainability Goals"を公表した。同社の掲げた新目標の中核にあるのは、サステナビリティをイノベーションとR&Dに統合するという全社横断の取り組みだ。  2020年に向けた目標は同社のサステナビリティ戦略をさらに進展させるもので、「Sustainabl [...]

» 続きを読む

【インド】最先端のモバイル技術を活用したBOP層向けヘルスケアサービスが急拡大

Facebook Twitter Google+

 貧困層の医療へのアクセスが大きな社会課題の一つとなっているインドでは、最先端のモバイルテクノロジーとクラウドを活用した革新的なヘルスケアサービスが急成長している。提供しているのは2010年に設立された社会的企業のSevamobだ。  同社はインド国内の中でも特に医療インフラが行き届いていない地域において、貧血を30%減らし、子供へのHIV感染を国平均の少なくとも半分まで低下させ、虫歯を25%減らすという目標を掲げている。同社は先日、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スタートアップ企業が食品業界の常識を覆す持続可能なプロテインを開発

Facebook Twitter Google+

 今や「ハイテク」という言葉は携帯電話やコンピューターだけに使われるものではなくなった。多くの産業において、最前線にとどまるためには革新的なテクノロジーが必要不可欠となっている。それが特に顕著なのが食品産業だ。今や食品業界は増加しつづける世界人口の需要を満たすための画期的なイノベーションのニュースで溢れており、投資家らも食品業界や農業の常識を変える破壊的なテクノロジーに群がっている。  "Advance Protein Powder" [...]

» 続きを読む

【国際】Sustainly、第5回ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックスを公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野のコンサルティングを手掛けるSustainly社は2月23日、今年で5回目となる「ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックス」を公表した。同インデックスは2,500以上の企業のコーポレポートサイトやソーシャルメディアから475社を取り上げ、その中でも特にソーシャルメディアを効果的に活用して自社のサステナビリティ活動を発信し、ステークホルダーとコミュニケーションをとっている100社をランキング化したものだ。 [...]

» 続きを読む

【国際】Project MainStream、循環型経済の実現に向けて3つのプログラムを開始

Facebook Twitter Google+

2014年の世界経済フォーラムで発足した循環型経済を推進するグローバルイニシアチブ、Project MainStreamが、新たに3つのプログラムを開始すると発表した。 同イニシアチブは各業界のリーダーらが参加する業界横断型のプロジェクトで、ナレッジ・パートナーとしてEllen MacArthur FoundationおよびMcKinsey&Companyが協力して活動している。イニシアチブの目的は、マテリアル・マネジメント、IT、ビ [...]

» 続きを読む

CSO(Chief Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)

Facebook Twitter Google+

CSOとは?  CSOとは、Chief Sustainability Officerの頭文字で、日本語でいうと「最高サステナビリティ責任者」となります。  最近では日本にもだいぶ言葉が浸透してきていますが、一般的に外資系企業には組織全体のトップであるCEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)をはじめ、COO(Chief Operating Officer:最高業務執行責任者)、CFO(Chief Fina [...]

» 続きを読む
2014/12/18 辞書

【アメリカ】企業戦略の要としてますます重要さを増すCSOの役割

Facebook Twitter Google+

米国サンフランシスコに本拠を置くサステナビリティ・CSR人材専門のサーチファームのWeinreb Groupは10月27日、CSO(Chief Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)に関する最新動向をまとめたレポート、”The Evolution of the Chief Sustainability Officer”を公表した。 同レポートによれば、CSOの責任範囲はここ数年で大きく変化しており、 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】「サステナビリティは長距離走」アディダスのサステナビリティ戦略を支える4つの柱

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、ドイツに本拠を置きグローバルで40,000人以上の従業員を抱えるスポーツ用品メーカー、Adidas AG(アディダス・グループ)のサステナビリティへの取り組み。アディダスは言わずと知れた世界を代表するスポーツ用品メーカーの一つだが、同社はサステナビリティ分野における先進企業としても知られている。 2014年にはカナダのCorporate Knights社が発表している"Global 100 Most Sustain [...]

» 続きを読む
2014/05/01 最新ニュース
ページ上部へ戻る