Skip navigation
サステナビリティ・
ESG投資のニュース
ログイン 会員登録
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

to patrick no more tag and status blocked

to patrick  no more tag and status blocked 1

 国際労働機関(ILO)は4月20日、中国で全国人民代表大会が1930年の強制労働条約(29号)と1957年の強制労働撤廃条約(105号)の批准したことを歓迎する声明を発表した。今回の批准で、中国のILO条約批准数は、中核8条約のうち6条約を含む合計28条約となった。

 29号条約は、あらゆる形態の強制労働の使用を禁止し、締約国に対し、強制労働慣行を刑罰の対象とすることを義務化。また29条約を補完している105号条約は、5つの特定の状況における強制労働の即時廃止を義務化している。双方の条約は、批准書がILOに寄託された1年後に中国国内で発効する。

【参照ページ】ILO welcomes China’s move towards the ratification of two forced labour Conventions

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
さらに詳しく ログインする
"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。