Skip navigation
サステナビリティ・
ESG投資のニュース
ログイン 会員登録
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【国際】エレン・マッカーサー財団、グローバルパートナー企業10社、CE100加盟企業78社に

【国際】エレン・マッカーサー財団、グローバルパートナー企業10社、CE100加盟企業78社に 1

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団は1月23日、米SCジョンソンが同財団の「グローバルパートナー」企業に加わったと発表した。同財団は、サーキュラーエコノミー推進で世界的に有力な財団で、海洋プラスチック対策にも早くから取り組んでいる。今回の新規参加により、グローバルパートナーは、グーグル、ユニリーバ、NIKE、ダノン、フィリップス、ルノー、H&M、ソルベー、インテーザ・サンパオロ、SCジョンソンの10社となった。グローバルパートナーは、業界のモデル的存在を目指す。

 また同財団は別途、サーキュラーエコノミー分野の企業間または業界間連携を目指すイニシアチブ「Circular Economy 100(CE100)」を運営しており、現在、グローバル企業52社、スタートアップ企業26社、国・地方政府12団体等が加盟している。加盟しているグローバル企業には、アップル、マイクロソフト、コカ・コーラ・カンパニー、P&G、ユニリーバ、ウォルマート、ターゲット、マークス&スペンサー、BASF、ダウ、デュポン、DSM、ミシュラン、イケア、テトラパック、ABインベブ(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)、ハイネケン・メキシコ、C&A、シスコシステムズ、HP、シュナイダーエレクトリック、ING、PGGM、スエズ・エンバイロメント、ヴェオリア・エンバイロメント、英王室領管理クラウン・エステート等が加盟。日本企業ではブリヂストンが加盟している。1月18日には、ヒューレット・パッカード・エンタープライズとエネルが加盟した。加盟企業には、ビジネスモデルや製品設計においてサーキュラーエコノミー推進のための具体的な目標設定が求められる。

【参照ページ】SC Johnson becomes an Ellen MacArthur Foundation Global Partner
【機関サイト】Ellen MacArthur Foundation
【イニシアチブ】CE100
【参照ページ】Two new members join the Foundation’s Circular Economy 100 Network

製作者

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
さらに詳しく ログインする
"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。