Skip navigation
サステナビリティ・
ESG投資のニュース
ログイン 会員登録
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【5/17@東京 セミナー】環境省担当者に聞く「世界のサーキュラー・エコノミー動向」

【5/17@東京 セミナー】環境省担当者に聞く「世界のサーキュラー・エコノミー動向」 1

『環境省担当者に聞く「世界のサーキュラー・エコノミー動向」~21世紀の 企業の競争力の源泉にするために(2017年5月17日開催)』

 日本にはもともと「循環型社会」「循環型経済」の先頭を走ってきたという自負がありましたが、しばらく前から、新たな循環型経済への動きが、主に欧州で活発化してきました。EUの政策の中心の1つに据えようという産官学一体の動きも出てきており、注目すべきは、単なる環境政策ではなく、「産業政策」としての位置づけでの国家的な注力が増えていることです。

 環境の側面からも歓迎すべき動向ですが、この「21世紀の企業の競争力の源泉」に対する日本の政府や産業界、企業の認識はまだ低いのが心配です。また、「循環を可能にする技術」への力点も大きなポイントであり、日本企業としても必ず押さえておくべきテーマの1つであると考えています。

 そのような問題意識から、今回は、欧米を中心に注目されつつあるサーキュラー・エコノミーについて枝廣より簡単な解説をさせていただいたあと、環境省で廃棄物・リサイクル対策の担当をされている井上 雄祐さまをお迎えし、3月末に視察に行かれた欧州のサーキュラー・エコノミーに関する動向や内情について、最新情報をお話しいただきます。

 サーキュラー・エコノミーの最新の動向を学び、自社の今後の取り組みや方向性に対する意味合いを考えていきたいと思います。

 奮ってのご参加、お待ちしております。

【概要】
◆日時:2017年5月17日(水)13:30~17:00予定
◆会場:調整中(主催者から個別にご連絡いたします。)
◆参加費:8,200円(税込/おひとりさまあたり)
◆対象:人事・環境・CSR・IR・調達・経営企画ご担当者さま
◆主催:イーズ未来共創フォーラム(有限会社イーズ)
◆詳細はこちらから↓
http://www.es-inc.jp/network/forum/2017/nwk_id008977.html

有限会社イーズ 事務局 館岡 info-partner@es-inc.jp

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
さらに詳しく ログインする
"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。